スポンサーリンク
スポンサーリンク

山本彩 愛犬の音遠(ねおん)や歴代のペットはみんな漫画『烈火の炎』から名前をつけていた「山本彩 カケル」


画像引用 twitterより
「山本彩 カケル」2020年1月17日放送

出演メンバー

山本彩(さやか)

スポンサーリンク

漫画の思い出

昔からね、気がつけば近くに漫画があったんでね。いっぱい読んできました。今でも本当に、買わないまでにしても、ネットで広告とかで出てきたら、軽率に読みます。それぐらい、けっこう好きですね。

あとは、もう、学生時代みんなやるんじゃないかな?徹夜して読むっていう。ほんま、気づいたら明るくなってた、みたいなこととか本当に日常茶飯事。なんせ家に漫画があったので。漫画雑誌もあったし、単行本もあったし。

お兄ちゃんとお姉ちゃんが上に3人いるので、それぞれが漫画を買うから、それぞれの漫画がいっぱいあるんですよ。少年漫画、少女漫画、青年漫画、オールジャンル。お姉ちゃんが買った少女漫画をお兄ちゃんも読んでたし、お兄ちゃんが買った少年・青年漫画をお姉ちゃんもわたしも読んでたしっていう感じで。ジャンル問わずけっこう何でも。

すごい勢いで読んだのが、『はじめの一歩』っていうボクシング漫画があるんですけど。何巻やったかな?そのとき家にあったのが多分75巻ぐらいだったんですよ。それをね、夏休みに一週間ぐらいでね、読み切りましたね。

『クレイモア』っていう漫画とか。あと、『烈火の炎』っていう漫画は、登場人物の音遠(ねおん)ちゃんっていう女の子から、うちの愛犬の名前をつけたりとか。けっこう古い、90年代とかの漫画かな?これも家にあって。うちの歴代のペットはみんなその『烈火の炎』から名前をつけてたんですよ。紅麗(くれい)っていう名前をハムスターにつけたりとか。インコにも名前つけてたな。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
山本彩 カケル
アイリータイム IRIE TIME