スポンサーリンク

山本彩 中学時代の社会のテストで珍解答をした思い出を語る「山本彩 カケル」


画像引用 twitterより
「山本彩 カケル」2020年8月14日放送

出演メンバー

山本彩(さやか)

中学時代の社会のテストの思い出

高校生ぐらいからだったんですよ、まともに勉強し出したの。それまでは本当にね、授業受けてるだけって感じで、テストの成績も悪かったし。成績全然良くなかったですよ。センスないなって思ってた、勉強に関しては全く。一生に身につくことないんやって思ってたけど。高校で好きになりましたね。歴史も社会もそれからなんですよ。

高2で日本史があったんですけど。中学のときもあったんですね。中学のときは中2であったんかな。本当、中学のときは全然好きじゃなかった。だからね、詰めが甘かったんでしょうね。「明治維新の英雄といえば?」もうこれは歴史詳しくない人でも知ってる人多いでしょ。坂本龍馬ね。「坂本龍馬」が答えになるところを間違えて「坂本リョウヘイ」って書いてたんですよ(笑)。誰やねん。完全に別人ですもんね。惜しくもないよね、あんまりね。そんなわたしがね、今や新撰組も大好きですからね。

あとね、答えが「西郷隆盛」になるところを間違えて「東郷隆盛」って書いて(笑)。これね、記憶にあるんですよ。「あれ?西郷やったけ?東郷?西やっけ?東やっけ?」ってすごい葛藤したのをね、覚えてます、このときテスト中に。たいしてテスト勉強もしてなかったから悪いんですけど。二択でね、まさかの外しちゃいましたね。「東郷隆盛」って書いちゃったね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
山本彩 カケル
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!