小嶋花梨 2021年のNMB48を振り返って成長できたことを語る「小嶋花梨のキャプテン論」


画像引用 twitterより
「小嶋花梨のキャプテン論」2021年12月31日配信

出演メンバー

小嶋花梨(こじりん)

スポンサーリンク

2021年のNMB48を振り返って成長できたこと

この1年、NMB48が成長できたことは「グループを背負う」っていう責任を持てたメンバーが増えたことです。

NMB48の約50名のメンバーを6つのチームに分けて戦うナンバトルっていう企画を今年NMB48は行ったんですね。で、その際に6つのチームに1人ずつリーダーの役割が用意されていて。今までリーダーっていう役割に就いたことのないメンバーが今回はリーダーをしました。この6人のリーダーはナンバトルを通してグループをまとめる大変さだったりとか、責任とか、自分との戦いっていうのを経験できたんじゃないかなって思います。

これはリーダーっていう役割に就かないと知れないことで。苦労したと思うんですけど、その分、この1年で強いメンバーが育ったなっていうふうに思っています。頼もしいメンバーが増えたっていうのはね、やっぱりグループ全体の成長にも繋がりました。

そして、個々の活動にも変化がありましたね。自分の強みを生かしてバラエティーだったりグラビアで大活躍するメンバーが増えたこともグループとしてとても大きな成長に繋がりました。