スポンサーリンク
スポンサーリンク

NMB48小嶋花梨 バトントワリングを6年間やっていたけどNGT48加藤美南のほうがすごいのであまり言ってこなかった?「NMB48の10分しかないッ!」


画像引用 twitterより
「NMB48の10分しかないッ!」2019年5月14日配信

出演メンバー

小嶋花梨(こじりん)

スポンサーリンク

バトントワリングを6年間やっていた

わたしは小学校1年生から6年間習っていました。ハマりやすく飽きやすいタイプなので、長く続けてきたことってバトントワリングだけなんですよ、実は。

まあ、あんまり好きじゃなかったんですけど(笑)。お母さんに「やりなさい、やりなさい」って言われて。毎年大会にも出場したりして、嫌々やってたけど。今振り返ったら、アイドル活動の中で活かされてるものが多すぎて。やってよかったって思うんですけど。

大会も審査員の方に審査されて結果を出されるので。すごい鋭い目をしたいかつい審査員の方5、6人と、大会を見に来た観覧の方達が、360度覆って観てる中、パフォーマンスするんですよ。

それを小学校の小さい頃からやってたので。大勢の前でパフォーマンスするっていうことに抵抗がなくなってるんですよね。だから、NMBになってすぐも、人前で踊ることが恥ずかしいとか全くなかったし、楽しいと思えるタイプだったし。

バトントワリングも笑顔でやるのが大事なんですよ。表情とかもめちゃめちゃ研究してたので、やっててよかったですね。笑顔が得意になったほうじゃないかなって思います、これをやってたおかげで。

バトントワリングって自分の中ではけっこうな武器だと思ってたんですよ。得意技だなって。
だけど、わたしが48グループに入る前に、48グループにバトントワリングがすごいできるメバーさんが加入されちゃってて。

自分よりもめちゃめちゃレベルが高くて。自分ができなくて苦戦してきたことを難なくこなすんですよ。お名前を出すと、かとみなさん、NGT48のかとみなさんなんですけど。それよりはできないのであんまり出さずに、ここまでやってきましたけども。

全然その特技が使えてないのは残念なんですけど、でも、一応やってたのでいつでもできます!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NMB48の10分しかないッ!
アイリータイム IRIE TIME