NMB48本郷柚巴 特別賞とは?ポスト山田菜々オーディションの裏側を語る「TEPPENラジオ」

teppenradio20180807-3
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年8月7日放送

出演メンバー

本郷柚巴(ゆず)
山本彩加(あーやん)

ドラフト2期生として加入前、ポスト山田菜々オーディションでは惜しくも落選

山本 「受けてたんですね。」

本郷 「そう、受けてましたね。実はそのとき、(西仲)七海も受けてて。」

山本 「あ~。」

本郷 「そのときから七海と知り合ってて。」

山本 「へ~、すごい。めちゃめちゃ長い付き合い。」

本郷 「そうなんですよ。そのとき、植村梓ちゃんとも仲良くて。」

山本 「そうなんや。」

本郷 「そう。ダンス審査のときに席がすごく近くて。」

山本 「うんうん。」

本郷 「そのときに、梓ちゃんから話し掛けてくれて。」

山本 「へ~、そうなんや。」

本郷 「一緒にダンスの練習をしてたのを覚えてますね。」

山本 「オーディションのときの思い出ってけっこう覚えてますよね。」

本郷 「そうですね、けっこう印象強いですね。そのときは、梓ちゃんが合格したんですけど。特別賞っていうのがあって。」

山本 「え~!」

本郷 「わたしと何人かがそれに選んで頂いたんですけど。その特別賞に選ばれた人は、ドラフト会議の3次審査から受けれるっていう権利があって。」

山本 「え~!何それ!?」

本郷 「そのとき、わたしの斜め前に梓ちゃんが座ってて、ちょうどカメラが来てたんですよ。」

山本 「うんうん。」

本郷 「で、オンエアされたのを見てみると、わたしにめっちゃモザイクがかかってて(笑)」

山本 「(笑)」

本郷 「モザイクがかかってたけど、それがテレビデビューでしたね(笑)」

山本 「(笑)。(特別賞という)そんなドラフトの裏ルールみたいなのがあったんや。」

本郷 「そうなんですよ。」

山本 「それで、ドラフトを受けようと思ったんですか?」

本郷 「そうそう。なんか、(特別賞は)ドラフト会議の3次審査から受けれるか、NGTさんの3次審査から受けれるか、みたいな条件で。」

山本 「あ~。」

本郷 「それやったら、ドラフトを受けたら、もしかしたらNMBに入れるかもしれへんって思ったから。」

山本 「そうやね。」

本郷 「アピールしまくりましたね。」

山本 「すごい。」

昆布と梅干のおにぎりが好き

本郷 「そうなんですよ。本当に大好き。」

山本 「渋いな。」

本郷 「この具材が大好きで。」

山本 「へ~。最近だったら『炙り○○』とか、コンビニでも美味しいのがいっぱいあるけど。」

本郷 「あ~、ありますね。」

山本 「その中でも、昆布と梅干。渋いね。」

本郷 「そう。あーやんは何が好き?」

山本 「わたしは、安定のツナマヨとか。」

本郷 「あ~、オシャレ~(笑)」

山本 「オシャレではないやろ(笑)」

本郷 「ツナマヨは最近食べれるようになった。」

山本 「あっ、ほんまに?」

本郷 「うん、そうなんですよ。」


スポンサーリンク