スポンサーリンク

山本彩 夏の野外フェス出演は正直ビビッてる!でも野外フェスは爪が剥げたり腕がアザだらけになるぐらいテンションが上がる「山本彩 カケル」


画像引用 twitterより
「山本彩 カケル」2019年8月9日放送

出演メンバー

山本彩(さやか)

夏の野外フェスについて

野外フェス自体は去年のMETROCKが初めてだったのかな?でも、夏のフェスに出させて頂くのは今年が初めてです。ROCK IN JAPANだったりモンスターバッシュだったり。ずっと昔から音楽をやらせてもらってて、出たいなって思ってたフェスで。

今年のツアーで香川県に行かせて頂いたときは、「いつかモンスターバッシュに出たいです」って言ってたので、まさか今年出させて頂けるとは思わなかったので、すごく嬉しいです。楽しみです。

ROCK IN JAPANはですね、初なんですけど、いきなり自身最大規模の、1万人という規模のレイクステージということで、正直ビビッてるんです。わたし、基本ビビり症なんですけども。そのビビりが悪いほうに行かないようにだけ、とりあえずやってきたつもりなので。

緊張して歌詞を飛ばしちゃったりよくするんですよね。なので、そうならないように、気負いすぎずというか。楽しんでもらえるように、わたしも楽しんでステージをできたらいいなと思っております。

歌詞が飛んだら飛んだで(笑)、臨機応変にかっこよく対応できたら、それはそれでまた評価も高くなるのかなとも思うんですけども。飛ばないにこしたことはないと思うので。

そういうロックフェスで、わたしのライブとか音楽を知らない方が多いと思うので、まずはそういう方に知ってもらえたり、興味を持ってもらえたり、「ライブに行きたいな」って思ってもらえたら本当になによりですね。

ギターも歌うのも、やっぱり野外はめちゃくちゃ気持ち良いです。自然に風が吹いたりするのも屋外ならではですし。歌だけじゃなく、ギターの音にもレスポンスがあったりだとか、そういうのは本当にすごく気持ち良いです。

野外のときに、開放感がありすぎてテンションが上がっているのか、ギターを弾いてるほうの右手の爪が剥げてたり、あと、ギターのボディーに腕が当たりまくってアザができまくったりとか。でも、ライブ中は全然気づかないで、終わってから気づくことが多いので。それぐらい、野外でやるライブっていうのはすごくテンションが上がってますし、アドレナリンが高まっていて、すごく楽しんでいます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
山本彩 カケル
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!