スポンサーリンク

NMB48出口結菜 夢は逃げない公演のセンターを務めたときは1時間で覚えた「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2020年3月17日放送

出演メンバー

出口結菜(ゆいな)
山本彩加(あーやん)

夢は逃げない公演のセンターを務めた

山本 「急遽したやつ?」

出口 「そうなんです。急遽して。」

山本 「うんうん。」

出口 「センターの(前田)令子ちゃんが体調不良になっちゃって。急遽やったんですけど。」

山本 「うんうん。」

出口 「その日、始業式で。朝、行って、帰ろうとしたら、マネージャーさんから『出れるときになったら絶対電話出てください』みたいな。」

山本 「え~。」

出口 「めっちゃ怖いやん!って思って、電話に出たら、『センターしてほしい』って言われて。」

山本 「うんうん。」

出口 「もう千秋楽も決まってて。今から覚えるって、わたしにとってはやったことない経験だからできるのかも分からないし、すごい怖かったんですけど。」

山本 「うんうん。」

出口 「このチャンスを逃したら、いつ次に公演でセンターできるのかも分からないし。」

山本 「うんうん。」

出口 「センターできないまま卒業することだって絶対あるから。絶対これはチャンスやと思って。泣きながらやりました。」

山本 「うんうん。」

出口 「けど、楽しみでもありました。」

山本 「でも、不安よな、普通に。」

出口 「不安でしたね。しかも、同期の生誕祭だったんですよ。」

山本 「あ~、そうなんや。」

出口 「だから、余計に。生誕祭ってその子にとって特別じゃないですか。」

山本 「うんうん。」

出口 「それをわたしが壊すわけにはいかないって思って。」

山本 「たしかに。」

出口 「怖かったですね。」

山本 「すごいな。その日に覚えたってこと?」

出口 「そうです。1時間ぐらいで覚えました。」

山本 「えっ?公演を?」

出口 「そうです(笑)」

山本 「ヤバッ!天才やん、それ。」

出口 「いやいやいや。けど、それも、今まで色んなアンダーポジションやってきたからこそ、『あっ、ここにセンターの子いたな』みたいな記憶でできたから。」

山本 「あ~。すごいな、それ。」

出口 「やっててよかったなって思います、色んなポジションを。」

山本 「うんうん。たしかに。」

出口 「大変やったけど、今思えば、それをやってなかったら任せてもらえてなかったかもしれないし。」

山本 「うんうん。それはあるかもね。」

出口 「よかったです、できて。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME