スポンサーリンク

NMB48山本彩加 公演のセンターに立つときの不安について語る「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2020年3月17日放送

出演メンバー

出口結菜(ゆいな)
山本彩加(あーやん)

公演のセンターについて

出口 「センターに今立ってるじゃないですか。」

山本 「チーム?」

出口 「うん。どうですか?どうやって立ってますか?」

山本 「『どうやって立ってますか?』めっちゃ難しいな、それ(笑)」

出口 「センターに立ってみて、やっぱり景色が違うなって思ったんですよ。」

山本 「違いすぎるしさ、めっちゃ不安ちゃう?」

出口 「うんうん。不安やし。」

山本 「チームNのときもアンダーでは立たせてもらってたんですけど。」

出口 「うんうん。」

山本 「でも、チームB2が始まって、ゲネプロとか本番初日ってなったときに、めっちゃ不安やった。なんかさ、お客さんしか前にいないやんか。」

出口 「うんうん。」

山本 「それがめちゃめちゃ不安でしたね。」

出口 「分かります。1回ぼそって聞いたことあるんですよ、あーやんさんに、『どうやってセンター立ってます?』みたいな。ゲネ終わった後かな?」

山本 「うんうん。」

出口 「『めっちゃ不安やねん』って言われたときに、ゲネのときにそんな感じがしなくて堂々と立ってるようにしか見えなかったから、そのとき(山本彩加に)“人間”を感じました(笑)。緊張すんの!?みたいな(笑)」

山本 「(笑)。めっちゃ緊張しいやねんやんか、こう見えて。」

出口 「いいですよ、そっちのほうがわたし好き(笑)」

山本 「緊張しすぎて過呼吸になるぐらい、マジでめっちゃ緊張しいやから。」

出口 「え~。」

山本 「だから、練習しないとステージに立てへんタイプ。」

出口 「かっこいい。」

山本 「すぐ間違えちゃうから(笑)」

出口 「でも、前に人がいないってすごい不安ですよね。」

山本 「めっちゃ不安。だからこそ練習して。見せ方とかもより研究するようになったから。よかったなとは思う。」

出口 「うんうん。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!