スポンサーリンク

NMB48吉田朱里 小学生のときにぶりっ子が理由でいじめに近いことをされていた「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2019年8月20日放送

出演メンバー

石塚朱莉(あんちゅ)
吉田朱里(アカリン)

トークテーマ「ぶりっ子」

吉田 「わたし、小学校のとき、こう見えて、いじめられるまではいかんけど、ハミられやすい。」

石塚 「女からってことですか?」

吉田 「そうそう。」

石塚 「あ~、はいはい。」

吉田 「ナチュラルぶりっ子なんですよ、わたしって。」

石塚 「はいはい。」

吉田 「別に、『男に好かれたいから可愛くいよう』とかそんな気は全くなくて。」

石塚 「生まれながらにぶりっ子っていうか。」

吉田 「そう。別に、ぶりっ子っていうか、ピンクが好きやったし、可愛いものが好きやったし。」

石塚 「はいはい。」

吉田 「喋り方とかもキャピキャピしてるやんか。」

石塚 「うんうん。」

吉田 「ナチュラル、これは作ったものではなく普段の私生活から。本当に素やん。」

石塚 「確かに。」

吉田 「分かるやろ?一緒にいたら。」

石塚 「うんうん。」

吉田 「それが小学校では気に食われなかったのか、いじめられるまではいかんねんけど、3人組とかになるとハミられるタイプ(笑)。分かる?」

石塚 「はいはい。分かりやすい(笑)」

吉田 「例えば、3人組で仲良くしてるけど、2人が仲良くなっちゃって『ハミろう』みたいな感じにされる“的”なんです、意外と。」

石塚 「やっぱり、ぶりっ子っていうか、そういう感じが。」

吉田 「そういうのがあって。1回いじめられてたのが、まあ、いじめられてたとまでは言わんけど、給食当番あるやん。」

石塚 「はいはい。」

吉田 「うちの小学校は、給食当番の人は、一人の人がおがずを入れて、一人の人は運ぶみたいな。」

石塚 「はいはい。」

吉田 「それが日によって交代交代になっていくシステムやってんやんか。」

石塚 「はいはい。」

吉田 「わたしが運ぶ係のときにお箸係の子がいじめてきてん。わたしのお箸だけ先っぽと先っぽが反対向いてるみたいな。」

石塚 「あ~。」

吉田 「食べるほうを2個揃えてくれたらいいのに反対にしてくるんですよ。」

石塚 「はいはい。1回クルってやらないと食べれなくしてる。」

吉田 「そう。っていういじめを受けたんですよ(笑)」

石塚 「そういう小さいことをね。」

吉田 「小2のときに、忘れもしないけど。まあ、今はその子と普通に仲良いんですけど。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!