スポンサーリンク

NMB48大段舞依 記憶が消えてしまうぐらいショックだった黒歴史とは?「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2019年4月2日放送

出演メンバー

大段舞依(まいち)
吉田朱里(アカリン)

トークテーマ「黒歴史」

大段 「中3のときに修学旅行に行くってなって。」

吉田 「うんうん。」

大段 「そのときに、先生が決めるんじゃなくて、みんな仲良しグループで集まってレクリエーションをするっていうので。みんなで色々話し合ってするってなったときに。」

吉田 「うんうん。」

大段 「『みんなで覚えてダンスしよう』みたいになってたんですけど。」

吉田 「うんうん。」

大段 「なんか、分からないんですけど、友達に『舞依はギャグできるよな』みたいな言われて。みんなの前でギャグをしたっていう思い出があるんですけど。」

吉田 「うんうん(笑)」

大段 「それが自分でも何をしたか覚えてないぐらい。」

吉田 「あ~、ショックやったんや。ショックすぎて記憶が消えてる(笑)」

大段 「そう(笑)。いまだに、そのときの女の子と集まったときに『あのときのネタめっちゃ面白かったよな』って言われるんですけど、全然記憶になくて。『もうやめて~(笑)』『恥ずかしいから言わんといて~(笑)』って言って。自分では消したいから。それが唯一の黒歴史(笑)」

吉田 「ショックすぎて消えてるんや。なんか、ショックすぎる記憶って消えていくらしい。」

大段 「あっ、そうなんですか?」

吉田 「うん。ショックが大きすぎて。」

大段 「じゃあ、めっちゃショックやったのかな、あのとき。」

吉田 「なんか、事故とかも覚えてない人っているやん。」

大段 「あ~、うんうん。」

吉田 「ショックすぎて、そのショックな部分の記憶が消えたりするねんて。」

大段 「わたし、思ってるよりショックやったってことですね(笑)」

吉田 「ショックやったってことですよ(笑)」

大段 「今やったら全然やるんですけどね、メンタル大丈夫やから(笑)」

吉田 「毎日ギャグやん、『2019倍可愛い』って(笑)」

大段 「こらっ!(笑)失礼!(笑)」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME