NMB48堀詩音 自分が経験したそれぞれのチームの違いを語る「TEPPENラジオ」

スポンサーリンク


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2019年4月9日放送

出演メンバー

堀詩音(しおん)
山本彩加(あーやん)

自分が経験したそれぞれのチームの違い

堀  「藤江チームMのときは、まだ研究生で入ったっていうのもあって、すごく先輩方が気にかけてくださって。」

山本 「うんうん。」

堀  「途中で同期も(卒業して)、わたし一人になってしまったので。」

山本 「そうですよね。」

堀  「先輩方からたくさん面倒を見て頂いたというか。」

山本 「うんうん。」

堀  「でも、個性の強い方ばかりなので負けてられないぞって思ってまして。」

山本 「うんうん。」

堀  「で、山本チームNになって。藤江チームMとはまた違う、藤江チームMももちろんちゃんとやってたけど(笑)、更に、もっとちゃんとやると言うか。」

山本 「ちゃんとしてましたよね。」

堀  「うん。みんなすごく真面目に、熱くて。」

山本 「うんうん。」

堀  「NMBのメンバー、みんな、もちろん熱いんですけど、その中でも、更に熱い気持ちを持ったメンバーが多かったかなっていう印象が山本チームNにはあって。」

山本 「そうですよね。」

堀  「で、今の渋谷チームMはとにかくうるさい(笑)」

山本 「うるさそう(笑)。なんか、個性強すぎて(笑)」

堀  「いや~、本当に、もう“個性しかない”みたいな感じなので(笑)」

山本 「ですよね(笑)」

堀  「だから、ちょっとしたことでもボケが渋滞するというか。」

山本 「うんうん。キャラ渋滞してそうですもんね(笑)」

堀  「そうそう(笑)。で、ツッコミがよくできるあんたん(井尻晏菜)さんとか、やまりな(山尾梨奈)さんだったりが、もう冷や汗をかきながらツッコンでくださるから(笑)」

山本 「うんうん(笑)」

堀  「だから、わたしもツッコミをできるようになったほうが、チームとしてのバランスは良くなるのかな?とは思うんですけど。」

山本 「うんうん。」

堀  「でも、わたしもどちらかというとボケが渋滞してるタイプっぽいので(笑)」

山本 「そうですね(笑)」

堀  「ちょっと難しいなって思うんですけど(笑)」