NMB48白間美瑠 後輩の山本彩加をライバルと思える理由とは?「TEPPENラジオ」

teppenradio20180710-5
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年7月10日放送

出演メンバー

白間美瑠(みるるん)
山本彩加(あーやん)

『BUBKA』7月号のインタビューで山本彩加をライバルだと言っていた

白間 「あ~、そうやね。」

山本 「見ました。」

白間 「なんか、メラメラ感とかがめっちゃ伝わってくるから。メンバーでもっと上に行きたい!とか、○○したいんです!とか、メラメラしてて。すごく自分の気持ちを言ってくれる。そういう、気持ちが伝わってくる後輩があーやんで。」

山本 「嬉しいです。」

白間 「そういう子を見てたら、自分ももっと頑張らないとあかんなって刺激されるから。いいなって思う。」

山本 「ありがとうございます。頑張ります!」

白間 「まあ、もっともっと上がってくるだろうなって思うし。でも、年齢が違うし、ライバルって言うのはちょっと恥ずかしいけど(笑)。だって、20歳と何歳よ?」

山本 「16歳になります。」

白間 「20歳と16歳。そう聞くとちょっと恥ずかしいな(笑)」

山本 「けど、これからもそう言って頂けるようにもっと頑張ります。」

白間 「期待してます。」

山本 「ありがとうございます。」

今のNMB48にはもっとメラメラ、バチバチがあったほうがいい?

白間 「いいよな。」

山本 「うんうん。」

白間 「負けへんぞ!っていう気持ち、上り詰めたい!っていう気持ちになるしね。」

山本 「これはすごく思いますね。今、5期生はけっこうそういうのがあって。お互いライバル意識だったり、この子には負けたくない!とか、すごくあるので。」

白間 「うんうん。」

山本 「これが、NMB48全体としてもっとあったらいいのかなって。」

白間 「そうやね。今、NMBは個々の仕事が充実してるから、『そっちの仕事があるし』ってなっちゃったら、NMB全体が大きくならへんから。まあ、なってはないと思うけど。」

山本 「そうですね。」

白間 「やっぱり、公演とかにしても『この子より声援がもっと大きくなりたい!』とか、そういう1個1個の気持ちで成長できるしな。メラメラ、バチバチは大事ですよ。」

山本 「そうですね。もっとNMBを盛り上げていきたいですね。」

白間 「うん。」

全国ツアーについて

山本 「2年ぶりの全国ツアーということで。」

白間 「楽しみ。でも~・・・。」

山本 「なかなか参加できないんですよね?」

白間 「そうやねん!めっちゃ嫌!ちょっと出させてもらってもいいですか~。」

山本 「大人の方、聞いてますかね(笑)」

白間 「まあ、チームMのツアーは出させてもらうんですけど。もっと出たい~!」

山本 「そうですよね。ツアーってなかなかね。」

白間 「(ツアー選抜として)全部出る?」

山本 「はい。」

白間 「19歳未満のもあるよな?」

(※正しくは19歳以下)

山本 「そうです。アンダー19歳のも。兵庫であるんですけど。」

白間 「それ観に行きたいわ。楽しみやな。」

山本 「めっちゃ楽しみです。37人で。」

白間 「37人もいるの?」

山本 「はい。いるんですよ。19歳未満。」

白間 「あーやんが引っ張っていかんなあかんで。」

山本 「頑張ります。」

白間 「でも、あーやんはいけるだろうな。いける!目がキラキラしてるし。」

山本 「(笑)。やっぱり、若手がこれからのNMBを支えられるぐらい、このライブを大切に、頑張ります。」

白間 「そうやって思ってるのが偉いな。そうやって思ってて、胸の中に抑えてるだけじゃなくて、言ってきてくれるのが嬉しいよな。あーやんはかっこいいよ。」

山本 「ありがとうございます。」


スポンサーリンク