スポンサーリンク

山本彩 自分に満足しない理由・情けない自分を見せたくない理由を語る「山本彩 カケル」


画像引用 twitterより
「山本彩 カケル」2020年11月6日放送

出演メンバー

山本彩(さやか)

向上心について

理想の自分というか、求める自分がある限りは満足しないと思うんですよね。わたしの場合はこの仕事をする限り満足はできないんじゃないかなって。

(不満足?)

そういう言い方をするとネガティブに聞こえるかもしれないですけど、満足しないからこそ、毎回毎回、作品だったり、自分だったり、結果だったりを更新できるのかなって。

出来上がった曲を聴いて、他の方の曲を聴いて、売れてる曲とか、「どこが違うんだろう?」「あのアーティストにあってわたしにないものは何だろう?」「この曲にあってわたしの曲にないものは何だろう?」ってね。そういうものをひたすら考えてますよね。

満足もしたいし、するときもあります。「やりきった」って。まあ、満足というか達成感を感じることはたくさんあります。でも、それ以上にそう思えないときも多いかな。だから、向上心。向上心というか…何なんだろう?それを向上心というのか分からないですけど。

情けない自分になりたくないんですよね。そうならないようにやってるっていう。努力とも思わないし、当たり前にやらないといけない。情けない自分、嫌ですよ。見せたくないし。見せて、周りの人が気を使って慰めてくれたりとか励ましてくれたりとか、そういうのも、なんか、もう、辛い。申し訳なくて。「気を使わせてしまって…」とか、「そんなん自分の責任やのに…」って。

情けない所、いっぱいありますよ。悔しい思いをして泣いちゃったりとかね。まあ、泣くのもすごいすっきりするからいいですけどね。「悔しい」って思うだけ向上心って強くなると思うから、これからも高めていきたいなって思います。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
山本彩 カケル
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!