スポンサーリンク

山本彩 高校時代の進路選択ではNMB48・音楽系事務所・大学進学という三つの選択肢があった「山本彩 カケル」


画像引用 twitterより
「山本彩 カケル」2020年4月24日放送

出演メンバー

山本彩(さやか)

高校時代の進路選択について

グループに入ったのが高校2年生のときだったんで。入る前、オーディションとか受ける前に、進路相談、書類提出みたいなのがあったのかな?世界史がめっちゃ面白くて先生の話とかも面白かったから、「こんなふうになりたい」ってわたしは高校生のときに思ったんですよね、音楽を一旦やめてからはね。教員免許取れる大学へ行こうって思ってそのための勉強をしてたときに、オーディションを受けて受かっちゃったみたいな感じ。あのとき人生が変わったなって。

進路は教育学部で出してました。中学から高校へ行くときの高校(選び)は親に任せっきりやったのに、大学はもうめっちゃ自分で全部調べて、行きたいとこも自分で決めて。東京のそれなりの良い大学に行きたかったっていうのがあったんですよね。なんか、東京に憧れてたんですね、あのときは。東京の大学を書いて、そこへ行こうって。本当に、やっぱ好きとかっていう思いは行動力をつけてくれるなって思います。

まあ、でもね、それで受かったんで、オーディション。グループに入って。それはそれで、本当に…音楽も一旦諦めて、また別の道を歩もうとしたので、それがまた違う形で実るというか、もう一回チャンスが来たっていうのはすごく嬉しかった。

そのとき迷わなかったんですよ、正直。教員になりたいっていう夢もあった。なんなら他のオーディションも受かってて。選択肢が三つあるわけですよ。そのまま教員になるのか。二つ受かってたんですよ、もう一個のオーディションは音楽系の事務所のオーディション。それまでにけっこう落ち続けてて。どうしても消し切れなかったんですよね、音楽のことを。だから、それを信じてやったっていうのがあるかな。

(過去のラジオではNMB48を選んだ理由を)

山本 「唯一、もう一個、NMBと平行して受かってた事務所があったんですけど。」

山本 「なんか、もう、直感で『NMBやな』って思って。」

山本彩 MAD CATZ解散からNMB48加入までに色んな事務所のオーディションに落ちまくっていた「アッパレやってまーす!」
画像引用 twitterより 「アッパレやってまーす!」2019年2月25日放送 出演メンバー 山本彩 濱口優(よゐこ) 有野晋哉(よゐこ) 鈴木拓(ドランクドラゴン) MAD CATZ解散からNMB48加入まで 山...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
山本彩 カケル
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!