スポンサーリンク

渋谷凪咲 NMB48オーディションのダンス審査では全然踊れず仁王立ちになってもずっと笑っていた「あどりぶラヂオ」

スポンサーリンク


画像引用 twitterより
「あどりぶラヂオ」2019年8月19日放送

出演メンバー

渋谷凪咲(なぎちゃん)

面接で上手くいくコツは?

面接って、きっとすごい緊張すると思うんですよ。わたしもNMBのオーディションを受けたときもすごい緊張したんですけど。まあ、NMBのオーディションと会社の面接とかって全く違う思うんですけど。

わたしの場合はダンス審査とかがあったんですけど、ダンスは全然未経験やったし、全然踊れなかったけど。でも、仁王立ちでもずっと笑ってたんですよ。どこか自信があるというか、そういう感じで。なんか、楽しんでる感じを伝えたりとか。できないなりに一生懸命踊りながら、踊れてないけど、面接官の人の目は絶対は離さずに、顔だけは自信満々とか。

そういうふうにしてたらオーディションに受かれたりして。オーディションって、きっと今のダンスの踊れる踊れないを見てるんじゃなくて、その人が本当に持ってる芯の部分というか、そういうものを。「何か輝いてるものを持ってるな」とか、そういうものを見てると思うので。

面接もきっと色々あるかもしれないけど、でも、やっぱり仕事なんてみんなできないところから始まるし。勉強すれば賢くなるし。その人自身のこともきっと見られてると思うので。

自分を飾ろうとするから緊張しちゃうけど。普段、わたしが緊張することと言えば番組の収録とか、こういうラジオとか、初めてすることって最初は緊張するんですけど。

でも、緊張しても良い事はないし。自分を良く見せようとか上手くしようとか飾ろうと思ったらできないけど、そうじゃなくて、自分らしく自分なりに、緊張することも辛いことも自分なりに楽しみながら。楽しみ方を見つけてやったらどんな事も上手くいくなっていうのは自分の経験で思いましたね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NMB48その他
アイリータイム IRIE TIME