スポンサーリンク

NMB48佐月愛果 職業病で恥ずかしい思いをしたエピソード「あどりぶラヂオ」

スポンサーリンク


画像引用 twitterより
「あどりぶラヂオ」2021年8月31日放送

出演メンバー

佐月愛果(あいぴ)

スポンサーリンク

職業病だと感じること

リスナーからのメール「もう少しでお披露目から1年ですがこれまで活動してきて『あっ、これはアイドルの職業病だな』と感じたことはありますか?」

あります。お店に行って、で、そのお店から出るときに「お疲れ様でした~!」って言って出ちゃったことがあって(笑)。ちょっと流石に恥ずかしかったです(笑)。1人で大きい声で「お疲れ様でした~!」って言ってお店から出たので、ちょっと恥ずかしすぎて走って逃げました(笑)。これは職業病だなと思いましたね。

あとは、逆にお店に入るときに「失礼します!」って言いながら入ったことがあります(笑)。あとは、高校生のときに教室に入るときに「失礼します!」って言いながら入ったりとかもありましたね。これは間違いなく職業病なので、お仕事のときだけ使うように意識するようになりました。流石にお店で「お疲れ様でした~!」は恥ずかしい(笑)。恥ずかしすぎる(笑)。先輩方とかもこういうことあるんですかね?気になる。

コンサートでセンターを務めてみたい曲

リスナーからのメール「コンサートでセンターを務めてみたいと思う楽曲はありますか?」

あります。わたし、今、KOILOVE公演っていうのをきゅんmartでさせていただいてるんですけど。センターをさせていただいてる曲があって。AKB48さんの『だらしない愛し方』っていう曲なんですけど。NMB48のキャプテンである小嶋花梨さんがわたしに似合う曲だと選んでくださって。すごくそれが嬉しくて。この曲を通して自分自身が成長していきたいなって思ってて。

公演ではセンターをさせていただいてるんですけど、これをコンサートっていう大きなステージでセンターでやってみたいなって密かに思ってますね。コンサートでセンターをできるぐらいの人になりたいなって思ってます。