NMB48安部若菜 ここ天公演の“もう1人の天使”で怒られた思い出を語る「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2021年8月6日放送

出演メンバー

前田令子(れいこ)
安部若菜(わかぽん)

スポンサーリンク

ここ天公演の“もう1人の天使”について

前田 「ここ天ってアンコールのときに“もう1人の天使”っていうのがあるじゃないですか。アンコールをしてくれる子。」

安部 「うんうん。」

前田 「カトレア組のときにわたしと若菜やったことあるよね。」

安部 「やったね。」

前田 「そう。しかも、昼・夜で。」

安部 「あ~、そうやったな。」

前田 「そうそう。わたしが昼で若菜が夜で。そういうのを思い出して、『うわ~、エモいな~』って思いましたね。」

安部 「懐かしいな。」

前田 「懐かしい。頑張ったね、あの頃。」

安部 「めっちゃ緊張したよな。」

前田 「めっちゃ緊張した。」

安部 「公演にもそんなに出てないぐらいのときで。」

前田 「そうそう。そんなに出てないぐらいのときで。しかも、その日が、アンコールガールが再開するみたいな日やったから。」

安部 「そうやったんや。」

前田 「うん。思い出したね。」

安部 「怒られた思い出が(笑)」

前田 「あっ、そうなん?マジで?」

安部 「うん。なんか、ちゃんと時間になってから締め始めやんなあかんやんか。」

前田 「うんうん。」

安部 「けど、わたし喋ることがなくなっちゃって、まだ時間じゃないのに煽り始めて。」

前田 「あ~。」

安部 「それで、『もしトラブルとかあったらどうするつもりやったん?』って。『出てきてくれたからよかったけど』って。」

前田 「たしかにな。でも、初めの頃はパニックになるよな。懐かしいですね。」

安部 「懐かしいね。成長したね。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME