スポンサーリンク

NMB48吉田朱里 Queentetは4人とも最初は大人に推されていなかった!単独コンサートのときに『4人でこんなとこまで来たんや』とウルッとした「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2019年4月23日放送

出演メンバー

磯佳奈江(いそちゃん)
吉田朱里(アカリン)

トークテーマ「最近ウルッとしたこと」

吉田 「この前、Queentetの単独コンサートをやったときに。」

磯  「はいはい。」

吉田 「4人でZeppなんば。」

磯  「大きい箱。」

吉田 「いつも立つZeppなんばより全然広く思えて。」

磯  「へ~。」

吉田 「リハーサルのときに、お客さんが入ってない状態のときからわたしは何かウルッとしたな。」

磯  「お~。」

吉田 「『4人でこんなとこまで来たんや』って思って。」

磯  「すごいですよね、確かに。」

吉田 「『overture』を使わんかってんやんか。」

磯  「へ~、珍しいですね。」

吉田 「Queentetのオリジナルの映像みたいなのを作ってもらって。」

磯  「はいはい。」

吉田 「その映像のときからもう(観客の)声が聞こえてきて。黄色い歓声とかがあって。」

磯  「へ~。」

吉田 「いざ舞台に立って。4人でそこに立ってるわけやんか。」

磯  「はい。」

吉田 「16人とか、大人数でやってきたのに。4人でできるっていうのは、すごいウルッとしたし。」

磯  「うんうん。」

吉田 「あと、考えてみれば、Queentetって選抜メンバーの子達ではあるけど、みんな、最初からフロントに立ってたわけじゃないし。みんな、それぞれの武器を持って一生懸命上がってきたと思うねんやんか。」

磯  「うんうん。」

吉田 「そう思ったら、自分達の力と、ファンのみなさんの力ももちろんありますけど。」

磯  「はい。」

吉田 「ファンのみなさんと一緒に頑張ってきたことが、4人集まったときに、こういうふうに形になるっていうはずごいことだなってわたしは思ってん。」

磯  「うんうん。」

吉田 「大人の力って言ったらアレやけど、“推されて推されて”っていうより、自分達で這い上がってきて、ここまで来れたから。可能性をすごく感じたというか。」

磯  「うんうん。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!