吉田朱里 NMB48のオーディションを受けたのは板野友美の『ツンデレ』がきっかけ「TEPPENラジオ」

teppenradio20180717-10
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年7月17日放送

出演メンバー

植村梓(あずさ)
吉田朱里(アカリン)

恋愛禁止条例・公演曲『ツンデレ』について

吉田 「この曲は梓がやってるのか。」

植村 「そうですね。わたしが今、ユニットでやらせてもらってます。」

吉田 「朱里、NMBのオーディションを受けるときに。言ったらアレやけど、アイドルってあんまり興味が無かってん。」

植村 「はいはい。」

吉田 「ぶりっ子っていうイメージやったし。」

植村 「確かにね。」

吉田 「多分、昔から、自分も根はぶりっ子やと思うねんけど(笑)」

植村 「(笑)」

吉田 「でも、ぶりっ子って言われるのは嫌やったし、ピンクが好きとかも言わんかってん。」

植村 「うんうん。」

吉田 「ピンクが好きなくせに『水色が好き』とか言ってて。」

植村 「え~。」

吉田 「わざと、PEACEマークとか、『LOVE&PEACE』って描いた服とか着て。」

植村 「え~、意外(笑)」

吉田 「ぶりっ子と思われるのが嫌で、そういうのを隠して生きてきたから(笑)」

植村 「可愛い(笑)」

吉田 「もう、わたしはアイドルなんてできないって思っててんやんか。」

植村 「うんうん。」

吉田 「で、ママとか友達とかに『受け、受け』って言われて。正直、あんまり受けたくなくて、『いいわ、アイドルなんて』って感じやってんやんか。」

植村 「うんうん。」

吉田 「でも、ママに板野さんの『ツンデレ』の動画を見せられて、『こんなん着れんねんで!ほら!ともちん可愛いよ!』って言われて。『まあ、受けてもいいよ』って(笑)」

植村 「(笑)」

吉田 「っていうのがこの曲。」

植村 「確かに。この衣装はブリブリじゃないから。」

吉田 「そう。『わたしだってこのファーのダウン着たいし』みたいな(笑)」

植村 「可愛い(笑)。当時、流行ってそうなやつですもんね。」

吉田 「そうそう。ミニスカートでね。」

植村 「確かにね。ぼんぼり付けてね。」

吉田 「そうそう。これはわたしの背中を押してくれた曲。」

植村 「お~。じゃあ、それをわたしが公演で受け継ぎます(笑)」

吉田 「そうやな、しっかりアピールしていってもらわないと(笑)」

植村 「分かりました(笑)。頑張ります!」


スポンサーリンク