スポンサーリンク

NMB48吉田朱里 Queentetの今後について語る「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2020年11月6日放送

出演メンバー

吉田朱里(アカリン)

10周年コンサートでは太田夢莉が登場してQueentetで久しぶりに歌った 11月10日にムック本を発売することも発表

Queentet、意外とね、4人でプライベートでご飯行ったりとかしてるんで、あんまり久々の感覚もなかったんですけど。まあ、でも、舞台に立つっていうのはけっこう久しぶりだったので、嬉しかったし。やっぱ夢莉ちゃんが出てきたときの、本当は声出しちゃいけないのに、みんなから漏れてしまってるあの歓声、「あっ…」っていう感じがすごく嬉しかったし。

Queentetね、夢莉が卒業して、わたしも卒業発表して、紗英ちゃんも卒業発表してってなって、「活動どうなるの?」ってずっと言われてるんですけど。夢莉が卒業するタイミングで「Queentetだけ続けるのってありなんかな?」っていう話になって。まあ、今までやったらアイドルを卒業したら、そういう活動じゃなく、一人でやっていくっていうのが一つの形だったけど。わたし、NMBの活動は満足って思えるけど、Queentetって考えたら、「まだまだできる」「見せたいものがあるな」ってずっと感じてたから。続けたいなって思ってて。

それを3人に話したときに、みんなも同じ気持ちやったから。「じゃあ、Queentetは個人の活動を優先して、たまに帰ってこれるホームみたいなユニットになればいいよね」みたいな。またライブしたりとか。そうすることによって、わたしのファンの人は夢莉ちゃんと紗英ちゃんとなぎちゃんの活動にも興味を持ってくれるし。逆で言うと、3人のファンの人はわたしの活動にも興味を持ってくれるし。いいことしかない。

しかも、メンバーみんな大好き、楽しい、まだまだ見せたいものがある。「じゃあ、やろうよ」っていうので、「活動は続けよう」っていう話になってたんですけど、なかなか自分達から言うタイミングがなくて。この日に言えたので、すごくよかったなっていうふうに思います。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!