スポンサーリンク

NMB48山本彩加 黒歴史?1回だけ先輩達の前で大泣きしたエピソード「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2020年1月14日放送

出演メンバー

横野すみれ(すーちゃん)
山本彩加(あーやん)

初期の山本彩加について

山本 「わたしもダンスやったことなかったから。なんかさ、NMB48って入ったら、最初レッスンみたいなので、基礎みたいな、やるやんか。」

横野 「はいはい。」

山本 「あれもほんまに1個もできへんかってんやんか。ターンとか全然できへんかったけど。」

横野 「へ~。」

山本 「ダンサーさんとか、それこそバレエとかダンスやってたメンバーに教えてもらってとか。そうやな、ほんまに最初は彩加もダンスできへんかった。」

横野 「なんか意外でした。」

山本 「意外?」

横野 「うん。」

山本 「これ、言ったことあるか分からないんですけど。NMB48に入って半年ぐらいかな?経たへんぐらいのときに、バックダンサーのオーディションみたいなのがあって。」

横野 「はい。」

山本 「急に5期生から誰か出なきゃいけないみたいになったときに、全然できへんくて。しかも、コンサートのときか何かで。」

横野 「うんうん。」

山本 「先輩達の前で大泣きしたのを覚えてる(笑)」

横野 「へ~。」

山本 「でも、1回だけ。」

横野 「そんなことがあったんですね。」

山本 「黒歴史やねんけど、めちゃめちゃ。」

横野 「めっちゃ意外です。」

山本 「話したことなかったかもしれないですけど。5期生の中ではある意味思い出だったりするんですけど。」

横野 「うんうん。」

山本 「『片思いの対角線』っていうめっちゃ踊る楽曲で。」

横野 「わたしもめっちゃ苦戦しました。」

山本 「なあ。めっちゃむずいよな。」

横野 「はい。」

山本 「あんなん、ダンスやったことない子からしたらな(笑)」

横野 「(笑)」

山本 「そんなこともあったな。懐かしい。」

横野 「へ~。」

山本 「大変やんな。まあ、練習したら誰でも上手くなれるから、絶対大丈夫。」

横野 「頑張ります。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME