NMB48吉田朱里 Queentetのライブで4人ともがソロをやって感じたこととは?「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2019年11月5日放送

出演メンバー

加藤夕夏(うーか)
吉田朱里(アカリン)

Queentetのライブでは毎回4人ともソロをやっている

だんさぶるのライブの話から・・・

加藤 「ソロとかしたいかも。」

吉田 「ソロな、Queentetでやってんねんけど、絶対に。」

加藤 「うんうん。」

吉田 「やってよかったなってめっちゃ思う。」

加藤 「あっ、ほんまに?」

吉田 「うん。やっぱり一人一人のファンもちゃんとつくし。」

加藤 「うんうん。」

吉田 「一人一人を違うファンの人にも見てもらえるやんか。」

加藤 「うんうん。」

吉田 「だから、他のファンの人へのアピールにもなったし。場数を踏むことになるやん。ソロで立つことってなかなかないから。成長するし。」

加藤 「うんうん。そうやねん。」

吉田 「なんか、9年ぐらいアイドルやってたら、自分の成長ってもう止まってんなってここ数年感じてんねん。」

加藤 「え~、ずっと突き進んでるやん。」

吉田 「パフォーマンスにおいて、定着じゃないけど、『アカリンのパフォーマンスはこんな感じ』みたいな。研究生とかみたいに『あっ、上手くなったね』みたいなのが見えなくなってくるやん、段々。」

加藤 「あ~、うんうん。」

吉田 「だから、なんか、自分の中で成長が止まってる感じがしてモヤモヤしてたけど。Queentetをやって、自分の見せ方が、やっぱり他の3人もすごいから、負けたらあかんと思って。頑張るようになって。」

加藤 「すごい。いいね。」

吉田 「それが、多分4人ともすごい思ってるから。」

加藤 「うんうん。」

吉田 「すごい成長に繋がったなって思うから。」

加藤 「へ~。刺激し合ってる。」

吉田 「このタイミングでベテラン勢が一人で舞台に立つのって今まで意外となかったりするやん。」

加藤 「うんうん。なかった。」

吉田 「決まってるメンバーしか立たれへんかったりするから。絶対ソロはやったらいいと思う。」

加藤 「お~。6人いるから、今、だんさぶるって、なんか誰がどういう感じとかがまだはっきりしてないから。」

吉田 「うんうん。」

加藤 「今回でみんなの『この子はこれがいい』みたいなのをはっきりさせたいなって言ってるんですけど。」

吉田 「うんうん。」

加藤 「でも、ほんまにまだまだこれから、考えてる途中なんで。」

吉田 「いいと思います。」

加藤 「楽しみにしててほしいです。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME