NMB48吉田朱里 小学校のときに振られた男子に成人式の二次会で会って言われてむかついた言葉とは?「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2019年1月1日放送

出演メンバー

白間美瑠(みる)
吉田朱里(アカリン)

トークテーマ「ラブレター」

吉田 「わたし、小学校卒業するときに、好きな男の子にラブレターで告白したで。」

白間 「え~、すごい。勇気あるな。」

吉田 「勇気あったな。」

白間 「ラブレターは何て書いたん?」

吉田 「何て書いたかな~?『卒業やね、ずっと好きでした』みたいな感じで。頑張って渡したわけよ。小学校6年生のときに、卒業式にね。」

白間 「うんうん。」

吉田 「ずっと好きやってん、その男の子のことが。小3ぐらいからずっと好きで、仲も良かったから。」

白間 「うんうん。」

吉田 「中学に入ったら彼氏を作る!みたいな、小さい頃の憧れがあるやんか。」

白間 「うんうん。」

吉田 「絶対両想いって分かっててん。この勝負は勝ちと思っててん。わたしは(笑)」

白間 「うんうん。」

吉田 「でも、(ラブレターを)渡すときに周りの男の子がめっちゃ冷やかして。『いらんし!』って言われて。すごい傷ついて。」

白間 「うわ~。辛い。」

吉田 「わたし、もうこの人のこと嫌いって思って。一瞬で嫌いになっちゃって。無理ってなって。」

白間 「うんうん。」

吉田 「そしたら、入った塾がたまたま一緒やって。中学3年間、ずっと塾が一緒やって(笑)」

白間 「うわ~。でも、アカリンを振るのはな。後悔したやろな~。」

吉田 「中学のときは、“昔好きやった人”ぐらいにしか思ってなくて。わたしもNMBに入ったし、何とも思ってなかってんやんか。で、成人式の二次会に行って、会って。」

白間 「お~。」

吉田 「『あっ、久しぶり~』みたいな感じになって、喋ってんやんか。」

白間 「お~。」

吉田 「でも、(その男の子には)もうそのときに彼女がいて。」

白間 「うわっ、何だよ!」

吉田 「で、周りの男の子が『お前、あのとき吉田のこと振ってんぞ!』みたいな。わたしも『イエ~イ!』とか言って(笑)」

白間 「うんうん(笑)」

吉田 「『いや、あれはしくったなって思ったけど、俺も今、幸せやから』とか言われて(笑)

白間 「うわ~!それもむかつく~!(笑)」

吉田 「一生むかついたわ(笑)」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: Content is protected !!