NMB48矢倉楓子 TEPPENラジオのパソナリティーをやって失ったものとは?「TEPPENラジオ」

teppenradio20180403-4
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年4月3日放送

出演メンバー

矢倉楓子(ふぅちゃん)
山本彩加(あーやん)

TEPPENラジオの思い出

山本 「得したことや損したことはありますか?」

矢倉 「失ったものは大きすぎましたね(笑)」

山本 「そんなにですか?(笑)」

矢倉 「だって、握手会で、わたしに変なことを言っても受け入れてくれると思われて。わたし、実は握手会はこんなテンションじゃなくて。普通のテンションやし、“アイドル”でいるねん。」

山本 「うんうん。」

矢倉 「『ビヨンセやってください』って言われても、可愛くちょっとだけするねんやんか。」

山本 「はいはい。」

矢倉 「このラジオを聞いて来てくれる人は『えっ、ふぅちゃんってこんなんやったんや』みたいな、ちょっと落ち込んで帰るみたいな(笑)」

山本 「(笑)」

矢倉 「『ビヨンセやってくれへんかったな』『下ネタ言ったらふぅちゃん怒っちゃたな』みたいな。」

山本 「あ~。」

矢倉 「下ネタを言ってもいいっていう印象をつけてしまったのは、失ったものかな。」

山本 「これから(パーソナリティーを)やる身としてはちょっと怖いですね(笑)」

矢倉 「得したことは、今まで『まなぶくん』とか『YNN』でしか自分を知ってもらえなかったのが、こうやってラジオで、自分を応援してくださってる方以外も聴いてくださってるから。」

山本 「そうですね。」

矢倉 「そういう意味では、このラジオで自分のことをめっちゃ知ってもらえたから。すごく得したなって思う。」

山本 「うんうん。素敵な機会ですね。」

矢倉 「メンバーとも喋れたから。こうやって、あーやんとも1時間喋るってそうそう無いやんか?」

山本 「そうですね。無いですよね。」

矢倉 「ここで仲良くなったり、喋りやすくなったりとかして、コミュニケーション能力が上がったから。ありがたいなって思う。」

山本 「お~、素敵です。」


スポンサーリンク