NMB48山本彩加 公演衣装のニーハイは絶対領域を作らないとスタッフに怒られる!「TEPPENラジオ」

teppenradio20180904-3
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年9月4日放送

出演メンバー

石塚朱莉(あんちゅ)
山本彩加(あーやん)

トークテーマ「ニーハイソックス」

山本 「ニーハイ大好き。」

石塚 「絶対領域っていうのがあったりね。」

山本 「わたし、今、チームNで目撃者公演っていうのをやらせてもらってるんですけど。」

石塚 「はいはい。」

山本 「アンコールの衣装がニーハイなんですよ。」

石塚 「あ~、確かに。そうやんな。」

山本 「初日のときに、わたし、早着替えとかでめっちゃ急いでて、(ニーハイを)上げすぎちゃって。」

石塚 「はいはい。」

山本 「じゃあ、そのときの反省会で、大人の方に『お前!絶対領域ってものがあるだろ!』って言われて(笑)」

石塚 「(笑)」

山本 「そこで怒られたんですよ(笑)。ニーハイの長さで(笑)。ヤバくないですか?」

石塚 「いや~、もう、大人!女子高生に何言ってんだよ!(笑)」

山本 「本当にね(笑)。『あっ、すいません』って言って。2回目の公演から、そこ意識(笑)」

石塚 「絶対領域を守ってね(笑)。ニーハイはやっぱり絶対領域だもんね。」

山本 「確かに。」

石塚 「男の人からしたら、絶対領域を守ってない奴は『はあ?』って感じなんだろうね。」

山本 「そうなんでしょうね。だから、衣装部屋から出てくるときに、まおきゅん(三田麻央)さんが見てくださって、『はい!絶対領域OK!OK!OK!』って全員のをチェックするっていうのが、一時期ありましたね(笑)」

石塚 「まおきゅん、そういうの好きやからね(笑)。絶対領域は守らないとね(笑)」

山本 「そういうこともありましたね(笑)」

トークテーマ「女性の体」

石塚 「下半身が好き。」

山本 「へ~、そうなんですか?」

石塚 「グラビアとかを見てても、上半身よりも下半身のほうがこだわりがある。」

山本 「わたし、脚と二の腕が好きなんですよ。」

石塚 「二の腕ね。」

山本 「見るのが好きっていうよりも、触るのが好きなんですよ。」

石塚 「なんか、オヤジみたいやな(笑)」

山本 「(笑)」

石塚 「あーやん、オヤジ?(笑)」

山本 「違う、違う!(笑)なんか、わたし、小さい頃からお母さんの耳たぶとか二の腕をずっとつまんでて。」

石塚 「あれ?この間、あーやんと二の腕について話した?」

山本 「あっ!話しました、話しました!リハのときか何かですよね。」

石塚 「そうや、そうや。言ってたな。『わたし、二の腕が好きなんですよ』って言われて。わたしが『わたしは肘が好きなんだよ』って言ってたわ。」

山本 「そうです、そうです。言ってましたね。」


スポンサーリンク