岩田桃夏 吉田朱里 地元の友達とは遊ぶ?NMB48に入って友達が減った?「TEPPENラジオ」

teppenradio20180626-9
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年6月26日放送

出演メンバー

岩田桃夏(ももるん)
吉田朱里(アカリン)

トークテーマ「地元の友達」

吉田 「遊ぶ?」

岩田 「たまにですね。」

吉田 「わたしも。今年の初めに1回会ってから会ってない。」

岩田 「何か機会が無いとね。(ラジオ番組の)『てらさんぽ』でお寺に行った帰りに、近くの病院に友達が入院してて。」

吉田 「え~!」

岩田 「それで、お見舞いに行ってから、大阪に帰るっていうことがありました。」

吉田 「そうなんや。お友達は大丈夫やった?」

岩田 「はい。元気そうでよかったです。」

吉田 「よかった。NMBに入ってから思ったけど、地元の友達は減るで。」

岩田 「そうですよね。」

吉田 「中学校は地元で一緒やけど、高校では1人も一緒じゃなかったから会えへんかったし。」

岩田 「そうですよね。」

吉田 「あらためて連絡を取って会うってことも無かったから。」

岩田 「連絡先が分からない人もめっちゃいます。」

吉田 「成人式で会ったときに『誰やっけ?』とかあるもん。」

岩田 「え~、成人式怖いですね(笑)」

吉田 「幼馴染と『誰やっけ?誰やっけ?』って(笑)」

岩田 「相手が覚えてるときに覚えてないのは気まずいですよね。」

吉田 「そうそう。『朱里やん!元気~?』とか言われるねんけど、誰やっけ?ってめっちゃ考えながら、『うん!元気~!』とか言うねんけど、今だに誰か分からへん(笑)」

岩田 「(笑)」

吉田 「多分、学生時代もあんまり喋ってなかったんでしょうね(笑)」

岩田 「ちょっと今のうちから思い出しときます(笑)」

吉田 「うん。行く前に卒業アルバムを見てから行ったほうがいい。」

岩田 「そうですね。」

吉田 「ただ、変わりすぎてて分からん人もいる(笑)」

岩田 「(笑)」

トークテーマ「ストレスの解消法」

吉田 「ももるんって、ストレスが溜まってるとかそういうのを絶対に表に出さへんやん?」

岩田 「あ~、そうですね。」

吉田 「怒ってる姿も見たことない。泣いてても、『自分が悪いんで』って言うんですよ。」

岩田 「(笑)」

吉田 「だから、どこで発散してるの?」

岩田 「多分、自然消滅型なんです。」

吉田 「そうなんや。」

岩田 「はい。」

吉田 「へ~。」

岩田 「溜まって、溜まって、爆発みたいなことはほぼほぼ無いですかね。」

吉田 「そうなんや。そういう人に限って実は(笑)」

岩田 「実はめちゃくちゃ溜まってるんですかね(笑)」

吉田 「1回爆発するかもしれへんで(笑)」

岩田 「暴飲暴食で爆発してるかもしれないです。」

吉田 「へ~。暴飲暴食なんかするの?」

岩田 「します。」

吉田 「ガリガリやのに。」

岩田 「いや、お年頃なのにそんなことをするもんでブクブクと(笑)」

吉田 「全然細いから大丈夫やで!(笑)」

岩田 「そんなことないです(笑)」

吉田 「ストレス解消法、わたしはメンバーとか同業者とご飯を食べに行くのがストレス発散かな。」

岩田 「なるほど。」

吉田 「あとは、めちゃくちゃ寝る。」

岩田 「分かります。1回全部を忘れて爆睡しますね。」

吉田 「そうそう。あとは、買い物をしたり贅沢をする。けっこう物欲に走るかも。アマゾンでいらん物をポチポチするみたいな(笑)」

岩田 「(笑)」

吉田 「届いた後に、何で買った?ってなるやつ(笑)」

岩田 「後日、後悔するパターンですね(笑)」

吉田 「そう、違うストレスが溜まる(笑)」

岩田 「(笑)」

岩田桃夏がチームM公演で『残念少女』のセンターをやった

岩田 「そうなんですよ。ずっと公演で新ポジをやりたくて。先日、公演でありがたいことにやらせて頂けて。」

吉田 「うんうん。」

岩田 「そのポジションが、『残念少女』をセンターでできるポジションで。すごく大好きな曲で、普段は違うポジションで出てるんですけど。いつも気合を入れて踊っているので。」

吉田 「似合う。」

岩田 「センターは本当に嬉しくて。その日もすごく気合を入れてやらせてもらったので。」

吉田 「なんか、何人かで公演の話をしてて、『ももるん、そろそろ新ポジやらへんかな~?』ってなって、『やらそうよ!』みたいな感じになって。で、『残念少女のセンターがいいやん!』ってなった。」

岩田 「本当に嬉しいです。もっともっと色んなポジションで色んな景色を見れるようになりたいなって思います。」

吉田 「うんうん。良い時期やと思うで。4公演とも全部出てるんやろ?」

岩田 「そうです。全部に出させてもらってて。」

吉田 「公演の経験をどんどん重ねていってるから。」

岩田 「はい。頑張りたいと思います。」

吉田 「これが初センターやったん?」

岩田 「研究生公演をやってたときに、『スカートひらり』で何回かやらせてもらったことはあるんですけど。」

吉田 「うんうん。」

岩田 「昇格してからやらせて頂くのは初めてで。すごく貴重な経験でした。」

吉田 「そうなんや。嬉しいね。」

岩田 「はい。」

吉田 「(ポジションは)ちっひー(川上千尋)のアンダー?」

岩田 「そうですね。」

吉田 「ちっひーがお休みだったり(ポジションを)スライドするときは、ももるんのセンターが見れるってことですね。」

岩田 「はい。」

吉田 「なるほど。」


スポンサーリンク