NMB48矢倉楓子 最後の握手会はファンと一緒に号泣しながら握手をした「TEPPENラジオ」

teppenradio20180403-3
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年4月3日放送

出演メンバー

矢倉楓子(ふぅちゃん)
山本彩加(あーやん)

最後の握手会、最後の生誕祭はどうでした?

矢倉 「今までも、応援してくださるみなさんに『めっちゃありがとう!』っていう気持ちがもちろんあったけど。やっぱり最後ってなると余計にその気持ちが強くて。」

山本 「はい。」

矢倉 「この間の全握(最後の握手会)では、わたしのことをずっと思ってくださってたみなさんは、泣きながら気持ちを伝えてくださる方が多くて。だから、わたしも泣けてきちゃって。」

山本 「うんうん。」

矢倉 「最後はもう号泣!」

山本 「そうだったんですか。」

矢倉 「みんなで一緒に泣きながら。だって、机の上にティッシュを置いててん。」

山本 「すごい!」

矢倉 「ファンの方も涙を流したらティッシュを渡してあげて、一緒に涙を拭いてっていう。」

山本 「感動の握手ですね。」

矢倉 「それほど思ってくれてたんやっていうのと、自分もファンのみなさんのことが大好きやったんやっていう気持ちをあらためて感じることができて。すごく幸せなアイドル人生やったなって実感して、最後の握手会は終わったな。」

山本 「すごい素敵。最高ですね。」

矢倉 「ほんまに嬉しかった。生誕祭も今まで以上にすごい頑張ってくださって。だから、わたしも悔いが無いし、みなさんも悔いが無いぐらい、めっちゃ盛り上げてくれたから。」

山本 「いいですね。わたし、握手会のレーンが楓子さんと隣りだったんですけど。」

矢倉 「うんうん。」

山本 「泣いてレーンから出てくる方を見てたから、素敵なファンの方がたくさんいるんだなって、すごく思いました。」

矢倉 「そうよ。嬉しかった。ありがとうございました。」


スポンサーリンク
error: Content is protected !!