NMB48矢倉楓子 “お笑い”をやるのが嫌い!本当の自分は王道アイドル!「TEPPENラジオ」

teppenradio20180320
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年3月20日放送

出演メンバー

沖田彩華(あーぽん)
矢倉楓子(ふぅちゃん)

トークテーマ「抵抗」

沖田 「何か抵抗してることある?」

矢倉 「わたし、本当は“お笑い”をやるのが嫌いやねん。」

沖田 「えっ、そうなん?」

矢倉 「めっちゃ抵抗してんねん。このラジオが始まる前も『矢倉さん、今日も面白いことお願いします』みたいな、マネージャーさんがすごいプレッシャーをかけてくるねん。」

沖田 「今日来てるマネージャーさんですよね?(笑)」

矢倉 「そう。今日来てるマネージャーさんが、いつもわたしのSHOWROOMとかでも、無茶ぶりで。」

沖田 「カンペを出してきますもんね(笑)」

矢倉 「『アキラ100%』とか。そんなんアイドルが一番やったらあかんことやで!(笑)」

沖田 「そうやな(笑)」

矢倉 「あと、羽生結弦さんのモノマネとか。そんなんやってる人見たことない(笑)」

沖田 「日本が誇る金メダリストですよ、安易に真似しちゃダメです!(笑)」

矢倉 「今日もすごいプレッシャーをかけられて。いつも抵抗してるのに涙ながらやらされるっていう。すごく抵抗感があるのよ。本当は自分では王道アイドルなのよ。」

沖田 「あっ、王道アイドルなんですか?(笑)」

矢倉 「そう!いつも抵抗してるのに!っていう思いがあった。」

沖田 「あ~、ビヨンセが生まれちゃったりね。」

矢倉 「そうそう。生誕祭でも何回やったか。」

沖田 「大爆笑でしたもんね(笑)」

矢倉 「あれをさせとけばいいって周りが思ってるからな。」

沖田 「そうやな。」

矢倉 「そうそう。本当はそういう思いがあるねん。」

沖田 「色々あるねんな。」


スポンサーリンク