井尻晏菜 NMB48を卒業する予定だった自分が変われた瞬間とは?「TEPPENラジオ」

teppenradio20160524-10
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2016年5月24日放送

出演メンバー

吉田朱里(アカリン)
井尻晏菜(あんたん)

NMB48を卒業する予定だったけど、卒業できない理由ができたから卒業しない

吉田 「そうやったん?」

井尻 「卒業する予定でした(笑)」

吉田 「そうなんや!いつ?」

井尻 「去年の夏ぐらいから決めてて。」

吉田 「それはまた何で?」

井尻 「年齢っていうのもあるんですけど、不安定な時期ってみんなあるじゃないですか?」

吉田 「まあな。」

井尻 「それに直面してたんだと思うんですけど。自分が今、何をしたいのか分からなくて、もうここ(NMB48)にいてもできることって少ないんじゃないかと思ってたんですけど。梅ちゃんが生誕祭で『副キャプテンを引き継いでください』ってことを言ってくださって。『あっ、わたしまだここでがんばりたいな』と思ったのはありますね。」

吉田 「役割を与えられると、やらないとって思うやろうし。」

井尻 「立場で人は変わるってよく言うので。」

吉田 「うんうん。」

井尻 「わたしが変われた瞬間じゃないのかなって思います。」

吉田 「おー!かっこいい言葉いただきました。ありがとうございます。」

井尻 「(笑)」

吉田 「良いことですね。なんか久々に真面目なラジオですね。ほんとはいつも下ネタパラダイスなんで(笑)」

井尻 「全然下ネタ言いますよ(笑)」


スポンサーリンク