NMB48 久代梨奈 泣きながら劇場まで来たエピソード「TEPPENラジオ」

teppenradio20160329-7
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2016年3月29日放送

出演メンバー

吉田朱里(アカリン)
久代梨奈(りなっち)

小学校でバスケで2回骨折、去年は足を負傷

久代 「バスケ部は友達がやってるから入った、みたいな感じなんですけど。朝起きられへんから朝練いつも遅刻するし、わたし運動音痴なんで全然できへんし、骨折するし、みたいな。もう大変でした。」

吉田 「バスケ部っぽくないもんな(笑)」

久代 「でしょ。」

吉田 「全然、ぽくない。」

久代 「そうなんですよ。」

吉田 「どっちかっていうと吹奏楽とか。」

久代 「(笑)。去年は足を負傷して。」

吉田 「そうやん、どうしたんやったっけ?」

久代 「あれね、『NMBとまなぶ君』の収録の日で。階段を急いで降りてたら、つまずいて落ちて。」

吉田 「落ちたん?」

久代 「あと2段とか、そんなんだったんですよ。落ちたのが点字ブロックの丸い部分で、カーン!って当たって。」

吉田 「あー、痛ーい!」

久代 「もう泣きました。」

吉田 「駅の階段で?」

久代 「駅の階段で、泣きながら。」

吉田 「そうなんや。ゆっぴ(山口夕輝)もそれやってたで。」

久代 「えっ?」

吉田 「ゆっぴもこけて、階段で。両足傷だらけになって。」

久代 「えー、両足はつらい。」

吉田 「ゆっぴ、駅から劇場まで1人で泣いて来たらしい(笑)」

久代 「(笑)。わたしも難波着いてから、泣きながら劇場まで来ました。」

吉田 「そりゃあ痛いもんな。でもその痛い足を佳奈子(門脇佳奈子)がふざけてピンポーンって傷口を押してんやんか。」

久代 「嫌やー、痛い痛い。」

吉田 「ゆっぴ、ブチ切れ(笑)」

久代 「それはちょっと怒りますね。だから階段は大嫌いです。」

吉田 「気をつけてな、公演もあるから。」

久代 「気をつけます、どんくさいんで。」

宇宙に興味がある?

久代 「はい。この間、わたし、インフルエンザになったんですよ。そのときに、なんか宇宙について考えたいなと思って。」

吉田 「うんうん、暇やもんなインフルって。」

久代 「そうなんですよ。だから、ママに宇宙の図鑑を買って来てもらって。最近の図鑑ってすごくて、子供っぽいのだけじゃなくてめちゃくちゃきっちり書いてるんですよ。」

吉田 「へー、宇宙について何を調べるの?」

久代 「宇宙の惑星があるじゃないですか?金星とか。それを見てたら知らないことがいっぱいで。金星と地球は同じぐらいの大きさなんですよ。金星って図鑑に載ってたらオレンジ色じゃないですか?金色みたいな。」

吉田 「うんうん。」

久代 「でも、本当は大気の雲に覆われてるらしくて。衛星が金星に着いて、金色っていうのが分かるようになった、みたいな。」

吉田 「めっちゃ勉強してるやん。」

久代 「そうなんですよ。」

吉田 「どうしたん?何目指してんの?(笑)」

久代 「ちょっと宇宙に詳しくなりたくて。宇宙について考えてたら、ほんまにどんなこともちっぽけに感じるんですよ。」

吉田 「そうなんや、果てしないもんな。木星は住めるんじゃなかったっけ?」

久代 「火星なら。」

吉田 「火星か。」

久代 「水があるからもしかしたら生き物がいるかも、みたいな。」

吉田 「そうなんや、そういうのをずっと調べてたんや。」

久代 「そうなんです。」

吉田 「じゃあ宇宙人はいるの?」

久代 「宇宙人、まだ分かんないです。」

吉田 「じゃあ次までに、そこよろしくお願いします。」

久代 「分かりました。」


スポンサーリンク