スポンサーリンク

山本彩 会話やLINEが続かなくなる悪い例を語る「山本彩 カケル」


画像引用 twitterより
「山本彩 カケル」2021年3月26日放送

出演メンバー

山本彩(さやか)

トークテーマ「会話」

リスナーからのメール「わたしは今年就活です。来年には社会人になる予定です。社会人になると慣れ親しんだ人だけでなく初めて会う人との関りが必要になってくると思います。信頼関係を作るのに会話が大切だと思います。ですが、わたしは会話が続かないんです。色んな方と関わっている彩ちゃんの思う会話が続くポイントなどがあれば教えてください。」

わたしもそんなに得意じゃないんですよ。コミュ力あるわけじゃないので。初対面の方とかにはけっこうバクバクですよ、心臓。

会話が苦手だなって思うこと全然あります。いまだにあって。会話をしてるときに「何て返そう?」って考えるシンキングタイムみたいなのがわたしの中で生まれるんですよ。返さないといけないのに「何て返そう?何て返そう?」って考えすぎた結果、ちょっと時間が経っちゃって返せなくなるみたいなのがけっこうあるんですよ、それはいまだに。

LINEとかもそうで。先輩とかから来ると「丁寧に返さないといけない」って思えば思うほど分からなくなって、結局返せないみたいな。無礼な奴に見えちゃうじゃないですか。それが1番ダメだと思うので。これ、悪い例ですね。

なので、あまり深く考え過ぎずに、とりあえずの相槌でもいいですし、やってみるのがいいのかなって思いますね。シンキングタイム長いが故に返事できないっていうことだけはないように。

緊張ガチガチになってるとね、向こうも「なんか気を使わせてるかな?」って思うと思うので、あまり気を張り過ぎずに。話かけやすい人オーラみたいなのを出せるだけ出してたらいいんじゃないかなと思います。話かけやすい人オーラ、言うてわたし出せてないんですけどね(笑)。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
山本彩 カケル
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!