スポンサーリンク

山本彩 ギターを始めたきっかけは?初めて買ったギターは?どうやって弾けるようになった?「山本彩 カケル」

スポンサーリンク


画像引用 twitterより
「山本彩 カケル」2019年8月16日放送

出演メンバー

山本彩(さやか)

ギターを始めたきっかけ

NMB48時代からわたしを応援してくれてる方は知ってくれてるかなと思うんですけど、山本彩、ギターを長らくやらせてもらっております。

始めたのは小学校5年生のときですかね。兄が「ギターをやりたい」って言ったのかな?「ギターを買う」ってなってわたしもお店について行って、一緒に買ってもらいました、2人で母に。

最初に買ったのは、確か『Fender』のストラトキャスターだったと思います。赤色の。アヴリル・ラヴィーンさんが当時から好きだったので、アヴリルさんが使ってる物と似たような物を使いたいなっていうので。色、形が似てる物を買ってもらいました。

一応、一通り揃えてもらったんですよ、母に。ギターとシールド、あとストラップ、アンプ、チューナーとか、そういうセットがありましてね、それを買って。家で、アンプっていう音を鳴らす機材があるんですけど、それに繋いで、ジャカジャカ弾いたりとかしてたんですけど。

最初は本当に弾けなかったので、しばらく弾かない時期がありまして。でも、せっかくやってるんだからっていうので、好きなアーティストさん、アヴリル・ラヴィーンさんとか、あとはYUIさんとかのバンドスコアを買ってもらって。

で、その本を見るがままコードを押さえて、覚えていって。教室にも通わせてもらったりとかしながら。なんだかんだ身につけていったかなっていう感じです。

ギター歴何年だ?小学校5年生って言ったら10歳とかだから、今26歳だから、16年とか。無駄に歴だけ長いんですけど(笑)。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
山本彩 カケル
アイリータイム IRIE TIME