スポンサーリンク

NMB48小嶋花梨 ムチャクセ公演ホスト企画のためにYouTubeで勉強したことを語る「ハートコレクトNMB」


画像引用 twitterより
「ハートコレクトNMB」2021年7月17日放送

出演メンバー

小嶋花梨(こじりん)
タケモトコウジ

ムチャクセ公演ホスト企画のためにYouTubeで勉強したこと

小嶋 「わたし、人生で初めてYouTubeで『ホスト 初回 接客』って調べました(笑)」

タケ 「(笑)。それで情報が出てくるの?」

小嶋 「情報を得ちゃったんですよ。」

タケ 「あるんや。へ~。」

小嶋 「YouTubeってすごい。なんでも載ってまして。」

タケ 「ほお。」

小嶋 「お店が(動画を)出してるんですよ。」

タケ 「へ~。」

小嶋 「わたしたちもたまにするんですけど。やっぱり初めて来る方ってどういう感じでお店に入っていくのかとか段取りが分かってないと、ちょっと足を運びにくいというか、手を出しにくかったりするじゃないですか。」

タケ 「うんうん。」

小嶋 「なので、『こういう感じで割と簡単に来れますよ』だったり、『こういう流れなのでみなさん是非お越しください』みたいなのをお店側が出してるから。」

タケ 「ほお。劇場で言ったら『劇場の楽しみ方』みたいなハウツー系が、ホストバージョンで。」

小嶋 「そうです、そうです。あるんですよ。」

タケ 「へ~。接客ではどういうことが載ってるの?どういうことをするの?」

小嶋 「例えば、1発目に挨拶するときは『初めまして』でまずは名前から。わたし、名前は『天花寺(てんげいじ)レオ』でやってたんですけど(笑)」

タケ 「天花寺レオさん(笑)」

小嶋 「はい(笑)。『天花寺レオ』っていう名前でホストのときはやらせてもらったんですけど。挨拶するときは『初めまして天花寺レオです。お隣よろしいでしょうか?』みたいな、決まり台詞みたいなのがあるんですよね、なんとなくの。」

タケ 「なるほど。」

小嶋 「で、本当の場合は名刺みたいなのを渡したりして、少しずつ話が進んでいくんですけど。」

タケ 「ほお。」

小嶋 「やっぱりありがちなのは名前を聞いて『可愛らしい名前ですね』から中身をどんどん掘っていって。上手くその人の素を出していくみたいなのがやっぱり大事みたいですね。」

タケ 「そんなことがYouTubeに出てんの?(笑)」

小嶋 「全部載ってます(笑)」

タケ 「それで勉強したんや。」

小嶋 「勉強しました。やっぱり色んなタイプのホストさんがいらっしゃるので。今回、わたしだけじゃなくて7期生の佐月愛果ちゃんっていう子と3期生の石塚朱莉さん、その3人で戦いをしたんですけど。」

タケ 「はい。」

小嶋 「テーマがありまして、3人の中に。3人のキャラクターみたいな。」

タケ 「ほお。」

小嶋 「わたしはナンバー1ホストっていう(笑)」

タケ 「天花寺レオさんはお店のナンバー1(笑)」

小嶋 「はい(笑)。で、石塚朱莉さんは不思議な国から来た王子様みたいな。変な感じだったんですけど(笑)」

タケ 「はいはい。」

小嶋 「もう1人の佐月愛果ちゃんっていう子はちょっと“僕系”の。」

タケ 「甘える感じの?」

小嶋 「そう。『お姉さん綺麗ですね』みたいな、年下男子みたいな。」

タケ 「なるほど。」

小嶋 「ちゃんと役が分かれてて。そういうのを踏まえて、ちゃんとYouTubeでも『あっ、わたしは多分この人寄りなんだろうな』みたいな(笑)」

タケ 「自分に合うホストを(笑)」

小嶋 「そうです、そうです(笑)。『わたしは多分こういうのが求められてるのかな』みたいな感じで調べて。めちゃめちゃ試行錯誤して考えました。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハートコレクトNMB
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!