スポンサーリンク

NMB48貞野遥香 夢は逃げない公演では色んなものを得た『夢逃げ公演なかったらドラ3・6期、今みたいに仲良く絶対なってないし(笑)』「インスタライブ」


画像引用 twitterより
「インスタライブ」2020年7月22日配信

出演メンバー

貞野遥香(はるちゃん)

夢は逃げない公演では色んなものを得た

(コメント「(出口)ゆいなちゃんとは何がきっかけで距離縮まったん?」)

それがね、覚えてないんですよ(笑)。でも、多分、結菜の生誕祭のときに手紙に書かせてもらったけど、研究生公演でシンメで踊ることが多くなってからだと思う。それで話すようになったかな。だからかな。

多分ね、6番手と7番手だったんですよ、初日公演とか。だから、それで、『ピーク』とか、あと何だろうな?『従順なSlave』とかも結菜とペアやったり。あとは『夢逃げ』もか、『夢逃げ』もシンメだったんですよ。だから、けっこうシンメで。6、7番手だからシンメで踊る曲が多くて。そのときに合わせたりしやんなあかんからってことで喋るようになって。

で、結菜が「ご飯行こう」みたいな感じで誘ってくれて。って感じかな。だった気がする。でもね、その前にどうやって喋ったとかどうやって仲良くなったとかは全然覚えてないんですよ(笑)。お互いに(笑)。そんな感じかな。

(コメント「ほんまに夢逃げ公演って色々と大切なものをくれた」)

本当に。だって、夢逃げ公演なかったらドラ3・6期、今みたいに仲良く絶対なってないし(笑)。本当に、夢逃げ公演で色んなものを得ましたよね。精神的なものもそうだし、パフォーマンス面でもそうだけど、そういう、仲間みたいな感じも夢逃げで教わりましたよね、本当に。

(コメント「自然とそうなるのが親友やわな」)

たしかに。(前田)令子ちゃんと仲良くなったきっかけも全然2人とも覚えてないんですよ(笑)。だから、本当に仲良いのってあんまり覚えてないんだなって思った。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
NMB48その他
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!