NMB48木下百花 AKB運営のやり方で自分が心を開くと思ってるのか?『嘘をつかない、真正面から向き合え』「TEPPENラジオ」

teppenradio20160712-3
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2016年7月12日放送

出演メンバー

矢倉楓子(ふぅちゃん)
木下百花(きのした)

スポンサーリンク

AKB運営がNMB運営に木下百花の取り扱い方を質問『嘘をつかない。真正面から向き合え』が正解?

矢倉 「AKBの運営の人がNMBの人に、百ちゃんの取り扱い方をどうしたらいいの?って聞いてきてんやんな?」

木下 「AKBのスタッフさんから、そういうメールが来たらしくて。それに対して答えたのがこういう。」

矢倉 「『嘘をつかない。真正面から向き合え』」

木下 「らしいですけど。まず、取り扱い方ってなんっすか?ってなりません?」

矢倉 「言ってたね。」

木下 「まず、君達に心開くと思ってるのか?っていう。まず、そっからなんすよ。」

矢倉 「(笑)」

木下 「人に聞くっていう時点で、わたしもう無理ですからね。」

矢倉 「よく握手会で百花がブランコで通り過ぎた、とか。」

木下 「ブランコ?自転車じゃない?」

矢倉 「あっ、自転車や(笑)」

木下 「バカじゃないの(笑)」

矢倉 「自転車で通り過ぎたっていうのをよく聞くねんけど。そういうのをAKBの人が、これどうしたらいいんやろ?って多分なってんねん。」

木下 「最近、そういう予兆があったけど。スタッフさんがやりとりしてる無線あるやんか?うち、無線のやり取りの対象にされてんねんで、最近ずっと。」

矢倉 「(笑)」

木下 「外のみんなが通らない遠くの方で寝てたんですよ。地べたにビニール袋みたいなの敷いて。」

矢倉 「寝てたん?」

木下 「寝てたんですよ、眠たかったから。そしたら、パッて目を覚ましたら、遠くの方で無線でやり取りしてるんですよ。『寝てるんですけど、大丈夫なんですか?』みたいな。はあ?(直接)言えよ!みたいになるんですよね、いつも。」

矢倉 「みんな怖がってるんじゃない?近づかれへんねん。」

木下 「絶対それはあるよ。みんな怯えた目で見てくるもん、最近。すごいうかがってる感じ。」

矢倉 「うんうん。」

木下 「カオス公演とかあったやん?」

矢倉 「あったね。」

木下 「カオス公演がウケたから、それで注意もできへんし、みたいな。余計に下からくるんです。下からうかがってくる感じが、わたしめっちゃ嫌いで。」

矢倉 「気使われてんねんや、めっちゃ。」

木下 「そう。殴りたくなる。」

矢倉 「あかんで、暴力は!(笑)」

木下 「(笑)」

矢倉 「じゃあ、言っときましょ。運営さんもこれ以上ね。」

木下 「言っとこ。みんなですよ、嘘をつかないと真正面から向き合えってことは。わたし限らずね、みんなにしてほしいですよ。ちゃんと。」

矢倉 「そうです。」


NMB48木下百花 本音を言うことが自分の中で当たり前!それが芯になっている「TEPPENラジオ」
画像引用 twitterより 「NMB48のTEPPENラジオ」2016年7月12日放送 出演メンバー 矢倉楓子(ふぅちゃん)...
NMB48木下百花 色んな髪色をしたけど日本人はやっぱり黒髪が1番似合う!「TEPPENラジオ」
画像引用 twitterより 「NMB48のTEPPENラジオ」2016年7月12日放送 出演メンバー 矢倉楓子(ふぅちゃん)...
スポンサーリンク