スポンサーリンク

NMB48安部若菜 初期の山本望叶は距離感がバグッていて…「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2022年5月21日放送

出演メンバー

山本望叶(みかにゃん)
安部若菜(わかぽん)

スポンサーリンク

2人の最初の会話は覚えている?

山本 「1番最初は覚えてない。」

安部 「1番最初はバスの中で話した気がする。」

山本 「バスの中?」

安部 「オーディション中のバスで。望叶から来てくれたよね。」

山本 「それは間違いなくそうやと思う。初め若菜にめちゃめちゃグイグイ行ってたもん。」

安部 「うん。なんか、詐欺かと思った(笑)」

山本 「壺買わされるんかと思った?(笑)」

安部 「『なんでこんな可愛い子が来るんやろう?』って思ったもん(笑)」

山本 「あのときマジで可愛くて。今もやけど。本当に可愛かった。」

安部 「いや、そんなん言ってくれる人いなかったから。しかも、オーディション中にそんなに誰とも喋ってなかったからさ。」

山本 「それが可愛くて(笑)。ずっと1人で練習しとんのよ(笑)」

安部 「(笑)」

山本 「『めっちゃ可愛い!』と思って(笑)」

安部 「恥ずかしい(笑)」

山本 「可愛かった。」

安部 「わたし、最初に望叶からLINEが来たときに、望叶がLINEの名前を何も書いてなくて空白やったんですよ。誰からLINEが来たか分からへんかって。『大好き』っていきなり送られてきて(笑)」

山本 「(笑)」

安部 「わたし、ほんまに怖くて。『すいません、誰ですか?』って送ったら、『はあ?』って送られてきて(笑)」

山本 「そうやっけ?(笑)」

安部 「そう(笑)」

山本 「望叶、最低やん(笑)。なんか、めっちゃ何通も送らんかった?『可愛い』『大好き』みたいな。」

安部 「そうそう。めっちゃ来てて。ほんまに怖かってん(笑)」

山本 「あっ、思い出した。『誰ですか?』みたいな来たわ(笑)」

安部 「だから、最初はすごく望叶のことを怯えてた(笑)」

山本 「距離感バグッてるもんな(笑)」

安部 「バグッてた(笑)。バスとかで隣に座って、腕組んだりしてた記憶がある。」

山本 「めっちゃ行ってたわ。なんか、人との距離の詰め方が分からんくて、とりあえず好き好きアピールしとこみたいな感じやった(笑)」

安部 「覚えてるん?(笑)」

山本 「思い出してきた。」

安部 「ずっと一緒におったよな。当時が1番距離が近かったかもしれへん。」

山本 「ほんまに。」

安部 「そう思ったら今はちょうどよくなったんやな。」

山本 「うん。本当にね。」

安部 「望叶は初期の頃、めっちゃスキンシップで距離を詰めてた記憶がある。」

山本 「そう。人見知りやから喋って仲良くなるっていうやり方が分からんくて。とりあえず触っといたらいいかなって思ってて(笑)」

安部 「ヤバい発想してるやん(笑)」

山本 「(笑)」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME