スポンサーリンク

NMB48木下百花 本音を言うことが自分の中で当たり前!それが芯になっている「TEPPENラジオ」

スポンサーリンク

teppenradio20160712-2
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2016年7月12日放送

出演メンバー

矢倉楓子(ふぅちゃん)
木下百花(きのした)

ブブカ7月号で2人で対談

矢倉 「百ちゃんが『理屈なんかいらんやろ!』って言ってるやつですね。けっこう好評やったよな?」

木下 「ちゃんと説明してもらってもいいかな?見出しの大きい所だけ読むんじゃなくて。」

矢倉 「何話したっけ?もうけっこう前やから忘れた気もする。どんなんやったっけ?」

木下 「あんだけ本音で喋って、『本音に迫る』とか書いてくれてんのに。失礼やでブブカさんに!」

矢倉 「そうやな。でも、何話したっけ?なんかNMBのことについて話して。」

木下 「やばいな、こいつ。」

矢倉 「けっこう真面目な話をしたよな。そういう真面目な話とか苦手な人やから。ブブカさん(の取材)はいつもドキドキしてんねんけど。」

木下 「ブブカさんの取材が怖いと思ってるメンバーは絶対いっぱいおる。」

矢倉 「いっぱいいると思う。」

木下 「うちは、こうやって本音を言うことが自分の中で当たり前っていうか。それが芯になってるから。(ブブカは)話したことが割りとそのまま載ってたりすんねんな。そういう雑誌ってあんまりないねん。オブラートに包んでくれてたりすんねん、アイドルとして。でも、ブブカさんはあんまりそういうのが無くて。」

矢倉 「そのまま、百ちゃんの言葉で書いてくれてるんや。」

木下 「うん。だからその分、取材もすごいやん?」

矢倉 「うん。」

木下 「めっちゃ聞いてくるやん。掘り出そうとしてくるやん。」

矢倉 「めっちゃ聞いてくれる。」

木下 「だから、ふぅちゃんがくすぶってたから、そこでわたしもブブカさん側に付いて。だいぶ攻めましたよ、ふぅちゃんのことを。それを覚えてないんですか?」

矢倉 「いや、覚えてますよ。ちょっととぼけたふりしただけですよ。けっこう、このときは空気もピリっとなったし、わたしがあんまり喋べらへんから、引き出そうとしてくれてるなと感じてたけど。でも、あんまり深いことは喋りたくないというか、喋れないというか。この取材について、けっこうファンのみなさんの意見とかを聞くと『百花の言ってること、その通りやで』ってすごい言われたし、『総選挙前にすごい良い記事を読んだよ』って言葉をいただきました。」

木下 「うん。」

矢倉 「ありがとう。」

木下 「うん。」

矢倉 「すごい良かった、この対談。」


https://irietime.exp.jp/teppenradio20160712
https://irietime.exp.jp/jungle-radio-20160628-2

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME