スポンサーリンク

NMB48加藤夕夏 白間美瑠卒コン『She’s gone』でプレッシャーだったことを語る「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2021年8月27日放送

出演メンバー

加藤夕夏(うーか)
安部若菜(わかぽん)

白間美瑠卒コン『She’s gone』について

安部 「どうでした?」

加藤 「めっちゃ嬉しかった。美瑠ちゃんが現役メンバーでわたしとだけやりたいって言ってくれて。」

安部 「うんうん。」

加藤 「わたしもずっと美瑠ちゃんに『2人で何かしたい』って言ってたんですよ。」

安部 「はい。」

加藤 「でも、それがなかなか叶わなくて。やっと最後に2人でステージに立つことができて嬉しかったし。」

安部 「うんうん。」

加藤 「卒業するからお見送りするみたいなしんみりバラードじゃくて、『She’s gone』っていうかっこいいダンス曲を2人でできたっていうのが自分たちらしくてよかったなって思いました。」

安部 「めっちゃかっこよかったです。」

加藤 「本当?」

安部 「はい。リハのときからみんなレッスン場でジーッと見てて(笑)」

加藤 「見てたん?(笑)」

安部 「はい(笑)」

加藤 「そうやったんや(笑)。椅子を使うパフォーマンスだったんですけど。」

安部 「はい。」

加藤 「『この椅子が城ホールでガタンって倒れたら死ぬ』って思って(笑)」

安部 「そうですよね(笑)」

加藤 「そういうプレッシャーもありましたね。だから、必死やった、めっちゃ。」

安部 「そうだったんですか。」

加藤 「うん。」

安部 「全然何も感じなかったです。『よく椅子の上で踊れるよね』ってメンバーと話してて(笑)」

加藤 「もう『倒れるなよ、倒れるなよ』って思いながらやってました(笑)」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!