スポンサーリンク

NMB48吉田朱里 10周年コンで一番エモいと感じた曲とは?「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2020年11月6日放送

出演メンバー

吉田朱里(アカリン)

10周年コンサートには卒業生も大集結 特にエモかったシーンは?

どれもエモかったんですけど、やっぱり『ライダー』メン。(上西)恵ちゃんと、(福本)愛菜と、(門脇)佳奈子が来てくれて『ライダー』を歌ったんですけど。

当時、わたしと(白間)美瑠は『ライダー』メンではなく『投げキッスで撃ち落とせ』っていう別の曲をやってたんですけど。

わたしたち1期生と初期メンバーの『ライダー』メンと歌えるってなって。メンバー同士も仲良かったし、すごい。当時のことを思い返すとエモいなって思って。

『ライダー』っていう曲が、まあ、初期のNMBのファンの方はもちろん知ってると思うけど、最近は曲がすごすぎてやってなかったんですよ。メンツも「オリメンじゃないと」みたいなところがあるから。でも、「オリメンが来るなら」っていうのでやったんですけど。

「エモさが出る何かがもっと欲しいよね」っていうので、演出の中に“ライダー円陣”っていう。『ライダー』メンが初期の頃にやってた世界一ダサい円陣があるんですよ(笑)。

『ライダー』はすごく曲の意味が。AKBの一番初期の頃に来てたファンの方でライダーさんっていう方がいらっしゃったんですけど。ある日突然お亡くなりになって。劇場に来れなくなった方に向けて、秋元先生が書いた曲なんですよ。

そういう意味合いも強い曲だから、それを知らない子たちが歌うってどういう表情で歌ったらいいのか?とか、すごい苦労してた部分も知ってるから。『ライダー』メンにとってはこの曲がすごいエモい曲なんですけど。

それを今残ってる美瑠とわたしが一緒にやらせてもらえたっていうのもすごい嬉しかったし。“ライダー円陣”をファンの人の前で披露する日が10年越しに来たんだと思うとエモいなって思って。わたし、この曲が一番、10周年のお気に入りです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!