スポンサーリンク

NMB48吉田朱里 白間美瑠に対しては尊敬と同時に羨ましい気持ちやライバル意識も持っていた「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2020年11月6日放送

出演メンバー

吉田朱里(アカリン)

卒業コンサートでの白間美瑠からの手紙はサプライズ

そう。知らんかって。わたしにとっては妹みたいな、一番近い妹みたいな存在だと思うんですけど。でも、やっぱり比べられることも多くて。わたしはやっぱり美瑠のアイドルとしての姿、ステージに立つ美瑠とか、握手会とかでの振る舞いとか、全然わたしにはできないことを美瑠はたくさん持ってるから、めっちゃ尊敬してるんですよ、美瑠のことを本当に。めっちゃ尊敬してる。

わたしはどっちかというと王道アイドルの道ではなかったから。本当言ったらそっちに進みたかったんですよね。美瑠はそれを全部叶えてて。センターにも立ってて。だから、尊敬してると同時に羨ましい気持ちももちろんあったし。総選挙とかも一緒に選抜に入ったりしたから。ちょっとライバル視はいつからかあったんですよ。

“ふぅみる”時代の美瑠にはあんまりなかったけど、1期生が2人になったりしたときに。さや姉が卒業してから、やっぱり美瑠と比べられることもすごく多かったから。ライバルっていう意識はずっとあったから。でも、やっぱり美瑠のことをめっちゃ尊敬してるし、めっちゃ可愛いなって思うから。

美瑠も多分そういう気持ちがあったと思うんですよ。全く違う2人やから。考え方も絶対違うし、目指してる方向も違うけど、比べられるし。なんか、その手紙で全部解消された感じがして。最後、美瑠と残ってよかったなってめっちゃ思ったし。美瑠からの素直な手紙は全部心に沁みて、めちゃくちゃ嬉しくて、涙が止まりませんでした、本当に。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!