スポンサーリンク

NMB48吉田朱里 卒コン『ジッパー』を渡辺美優紀・上西恵と歌うことができた感想を語る「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2020年11月6日放送

出演メンバー

吉田朱里(アカリン)

卒業コンサートで『ジッパー』をオリメンで歌うという夢が叶った

もうこれはすごい嬉しかった。やっぱりみるきーと恵ちゃんが卒業してから、ずっと一人で大事にしてきた曲なんで。やっぱりライブでやっても盛り上がるし。わたしがセンターの曲みたいな感じで歌い続けてきたけど(笑)。やっぱりこの3人でいただいた曲で。最後にもう1回歌いたいっていう思いがあったので。2人が衣装まで着て踊ってくれたのはすごく嬉しかったですね。

なんか、自分の歌割りのほうを久々に歌って、すごくしっくりきました。ジッパーメン、もともと本当に仲が良くて。3人でご飯とか行って喋ったりとかしてたから、懐かしい感じで。

でも、なんか、2人がずっとわたしよりやっぱりお姉さんで。最近やる『ジッパー』はわたしがお姉さんで、若い子とやったりとか、後輩とやることしかなかったんですけど。(オリメンは)しっくりきました(笑)。嬉しかったです、最後にできて。本当に見納めだと思うので。やれてよかったなって思います。

『抱きしめられたら』『誘惑のガーター』『口移しのチョコレート』ではセクシーすぎるパフォーマンスを披露

(満足のいくエロさは出せましたか?)

あっ、もう十分。24歳、吉田朱里が出せるエロを全てあの舞台上に放ってきました。曲を並べてみて思ったけど、エロいのばっかりやなって(笑)。でも、これも、B IDOLのリップの名前に合った曲を選ぶってなって。『抱きしめられたら』やったら『ほっとかないでレッド』みたいな感じで、リンクさせていったんですけど。この演出は自分にしかできないことなので。自分が個人でやってきたことが、最後、卒業コンサートに繋がるっていうのはすごい嬉しかったですね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!