スポンサーリンク

出口結菜 NMB48に入ってから山本彩加の印象が変わった『めっちゃ遠い存在に感じてしまいました』「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2020年3月17日放送

出演メンバー

出口結菜(ゆいな)
山本彩加(あーやん)

NMB48に入ってから印象が変わったことは?

山本 「入ってから印象とか変わった?」

出口 「あーやんさんめっちゃ変わりました。」

山本 「わたし?」

出口 「はい。めっちゃ遠い存在に感じてしまいました、入ってから。」

山本 「入ってから?」

出口 「うん。」

山本 「え~(笑)」

出口 「なんかね、パフォ―マンスが。リハーサルを初めてU-19(ライブ)でしたときに前で見たんですよ。」

山本 「神戸で若いメンバーだけでやったライブか。」

出口 「そうです、そうです。」

山本 「うんうん。」

出口 「前日の通しリハーサルで、前で6期生が全員で、『こうやってリハーサルするんだよ』っていう感じで見たときに。」

山本 「はいはい。」

出口 「リハーサルからもう輝いてて。」

山本 「そんなことないよ(笑)」

出口 「『えっ、こんなに』って。映像で見るのと生で見るのってやっぱ違うなって思って。」

山本 「まあ、違うよな、たしかに。」

出口 「顔の表情の作り方とか、もうずっと目で追ってました、わたし。」

山本 「嬉しい。」

出口 「ヤバかったです。」

山本 「ほんまに?」

出口 「うん。めっちゃ好きでしたよ。」

山本 「恥ずかしな(笑)。嬉しい。」

出口 「ヤバいですよ。オーラがあるって思いました、入ってから。」

山本 「いやいやいや。嬉しいな。なんか照れますね、こんなん言われたら(笑)」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!