スポンサーリンク

NMB48山本彩加 本郷柚巴 悲しいときや辛いときに頑張ろうと思える方法を語る「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2020年3月10日放送

出演メンバー

本郷柚巴(ゆずは)
山本彩加(あーやん)

悲しいときや辛いときに頑張ろうと思える方法

リスナーからのメール(抜粋)「最近では握手会などが延期になり、なかなかメンバーさんと近くで会えない日が続いていて寂しいです。そこでお聞きしたのですが、悲しいときや辛いとき『よし!頑張ろう!』となれる方法を教えてもらえれば嬉しいです。」

山本 「今はもう絶対会えへんやんか、どんなに会いたくても。」

本郷 「うんうん。」

山本 「でも、逆に、『その間に自分は可愛くなっとこう』とか。」

本郷 「あ~。すごい。」

山本 「そう思ったら頑張れそうちゃう?色んなこと。」

本郷 「たしかに。」

山本 「〇〇ちゃん(メール主の名前)も学生なんですけど。」

本郷 「あ~、そうなんや。」

山本 「そう。同じ学生やから、まあ、わたしはもうテスト終わったけど、『(あーやんも)テスト頑張ってるし頑張ろう』とか。」

本郷 「そうね。」

山本 「頑張るきっかけにわたしがなれればなって思うので。」

本郷 「うんうん。」

山本 「頑張りますね。」

本郷 「ちょっと1個いいですか、わたしのおすすめなんですけど。わたし、アニメで見たんですけど。」

山本 「うんうん。」

本郷 「やる気がないときにどうしてもやらないといけないことがある、そのときに、考えるより動いたほうがいいっていうのを言ってたんですよ。」

山本 「あ~。」

本郷 「だから、『あ~、今から宿題やらんなあかん~』って悩むんじゃなくて、『1、2、3、4、5』って自分の中で数えて、動いたほうがいいみたいなのを聞いて。」

山本 「なるほどね。」

本郷 「わたし、最近それやってます。」

山本 「いいやん。」

本郷 「でも、1回しかやったことない(笑)」

山本 「もっとやって(笑)」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!