スポンサーリンク

NMB48吉田朱里 握手会で超ドSキャラをやって失敗したことがある?「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2020年1月28日放送

出演メンバー

水田詩織(しおり)
吉田朱里(アカリン)

トークテーマ「キャラを作る」

吉田 「握手会で超ドSキャラとか。」

水田 「え~。是非。」

吉田 「『好き』って言われても『わたしは嫌い』って言ったりとか(笑)」

水田 「やってたってことですか?」

吉田 「そう(笑)」

水田 「へ~。」

吉田 「これは、でも、良くないです。失敗です。人を傷つけます。お金払って来てますから、あの人達。みなさんお金を払って来てくれてるのに、『わたしは嫌い』って言われて、そういう性癖の持ち主はなかなかいないですね。」

水田 「う~ん。」

吉田 「癒されたくてアイドルに会いに来てるもん。」

水田 「たしかに。」

吉田 「だから、ほんまにドSキャラっていうのが定着したときにやるのは別にいいと思います。」

水田 「うんうん。」

吉田 「それまでの道のりはきっと長いです。素で行くのは一番やな。」

水田 「素…。」

吉田 「まあ、詩織ちゃんはちょっと素を出し切ってないもんな。」

水田 「そうですね。」

吉田 「でも、素に一番魅力を感じるけどな、わたしは。」

水田 「うんうん。」

吉田 「だって、結局、素じゃないなって部分が見えるやん、素じゃなかったら。」

水田 「はい。見えますね。」

吉田 「っていうね。」

上西怜への挨拶

吉田 「怜ちゃんには目を見て挨拶したことない(笑)」

水田 「もうちょっと下に(笑)」

吉田 「そうそう(笑)。怜ちゃんの目を見て挨拶したことない、わたし(笑)」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!