スポンサーリンク
スポンサーリンク

川上礼奈 『ここにいるべきじゃない』と卒業を決意したタイミングとは?NMB48にずっといるのは甘え?「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2019年9月17日放送

出演メンバー

川上礼奈(れなぴょん)
吉田朱里(アカリン)

スポンサーリンク

卒業を決意したタイミング

川上 「初めて選抜に入れて、ずっと目標にしてたものが叶えれてたっていうのもあるし。選挙も、まあ、順位を頂けたし。」

吉田 「うんうん。」

川上 「今まで自分が目標にしてたものが叶えれて、そのときに自分の中で、『選抜の中の序列を上げたい』とかそういうのも考えたけど。」

吉田 「うんうん。」

川上 「でも、自分は今それを目標にしたいんじゃなくて、もっとやりたいことがあるなって思って。」

吉田 「うんうん。」

川上 「って考えてたら、いつの間にか、NMBにいるよりももっと違う所で頑張りたいなって思うようになって。」

吉田 「あ~、そうやんな。」

川上 「そういうふうに思ってしまったってことは、ここにいるべきじゃないんかなって思って。」

吉田 「あ~。」

川上 「もう辞めよう!と思った(笑)」

吉田 「まあ、そうやんな。それが全てじゃない?NMBにいてやりたいことがあるならグループを利用してやるべきやと思うけど。」

川上 「うんうん。」

吉田 「なんたって時間は取られるし。」

川上 「そうやねん。礼奈がまだな、じゃあ、20歳やとするやん、もうちょっと頑張ろうかなと思うけど。」

吉田 「うんうん。」

川上 「24ってなると、もう、一人でやってみようかなってなる。」

吉田 「そうやな。一つの甘えでもあるもんな。」

川上 「そうやねん、そうやねん。」

吉田 「それはほんまに思う。」

川上 「あんまり未練がある卒業じゃなくて、ほんまにもう、『ここまでだ』『頑張りました』っていう、自分の中で一区切りが置けてるから。」

吉田 「うんうん。」

川上 「NMBに対して『もうちょっと』っていう気持ちが正直なくて。」

吉田 「良いこと。」

川上 「綺麗に辞めれそうやなと思う。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME