スポンサーリンク
スポンサーリンク

NMB48小嶋花梨 難波愛公演をプロデュースして批判の言葉を『こんなに浴びたの初めてだな』というぐらい浴びた「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2019年9月10日放送

出演メンバー

小嶋花梨(こじりん)
吉田朱里(アカリン)

スポンサーリンク

小嶋花梨プロデュース難波愛公演について

小嶋 「これね、わたし、自分で公演をプロデュースして。」

吉田 「うんうん。」

小嶋 「もう、最初のほうめっちゃ苦しくて。」

吉田 「うんうん。」

小嶋 「メンバーを決めるということをしてしまったこととか。」

吉田 「うんうん。」

小嶋 「けっこう反省した部分も多かったし。」

吉田 「うんうん。」

小嶋 「色んな、初めて批判の言葉を浴びた瞬間だったんですよ。」

吉田 「あ~。」

小嶋 「こんなに浴びたの初めてだなみたいな瞬間だったから、苦しかったし。」

吉田 「うんうん。」

小嶋 「2回目3回目ぐらいまでは、素直に観れなかったんですよ。観るのも怖くて。」

吉田 「あ~。」

小嶋 「だけど、今になって冷静に観たときに、この公演を『好き』って言ってくれるファンの人もいるし。メンバーも素で。けっこうフリーな部分が多いんですよね、ダンスも決まってなくて自由にできる所が多いから。」

吉田 「うんうん。」

小嶋 「そういうのに慣れてるメンバーっていうか、そういう所を面白くしてくれるメンバーがたくさんいるから。そのメンバーの自由な感じを見て笑えてきたりとか。」

吉田 「うんうん。」

小嶋 「公演を観てこんなに笑うことってないなって。思ってたもの以上に良いものを作ってくれてるなっていうのに気づいてから、『あっ、いいんだ、これで』って思ったっていうか、『作ってよかったな』『このメンバーでよかったな』っていうふうに、やっと今思えてきたから。」

吉田 「うんうん。よかった。」

小嶋 「NMBを知ってる人はすごく楽しいと思うから。なんか、気楽に観に来てほしいなっていう。」

吉田 「あ~、たしかに。劇場公演、チームの公演って深く知らないと、知らない曲が多かったりするけど。」

小嶋 「そうそう。」

吉田 「PVがある曲とかYouTubeで観れる曲とかがけっこう入ってる公演やから。」

小嶋 「そう。全部NMBの曲だし。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME