スポンサーリンク
スポンサーリンク

NMB48吉田朱里 山本彩がいないコンサートで全体の仕切りを任されたときに一番上のスタッフとめちゃくちゃケンカをした「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2019年9月10日放送

出演メンバー

小嶋花梨(こじりん)
吉田朱里(アカリン)

スポンサーリンク

ライブの締めコメントについて

小嶋 「締めのコメントとかやっぱり緊張します。」

吉田 「あ~、そっか。」

小嶋 「そう。『言わなきゃ、言わなきゃ』っていう。」

吉田 「でも、ほんまにあれって慣れやなって、最近は。」

小嶋 「思いますか。」

吉田 「わたしも初めは、マジで、『こんなこと言わさんといてよ!』って思って。」

小嶋 「うんうん。」

吉田 「わたしが一番最初にやったのが、さや姉のいないコンサートが一番最初で。」

小嶋 「うんうん。」

吉田 「あのときに、さや姉の代わりに全体の仕切りとかを任されたけど。」

小嶋 「してくれましたよね。」

吉田 「もう、めちゃくちゃケンカしてん、一番上のスタッフさんと(笑)」

小嶋 「(笑)」

吉田 「『なんでわたしにやらすんですか!』みたいな(笑)」

小嶋 「そうだったんですね(笑)」

吉田 「『絶対やりたくない!』みたいな(笑)」

小嶋 「うんうん(笑)」

吉田 「『嫌や!こんなん言われへん!』みたいな感じでめっちゃ言ってたけど。」

小嶋 「へ~。」

吉田 「前日からめちゃくちゃ文章を考えて、お風呂でずっと練習してって最初はやってたけど。」

小嶋 「うんうん。」

吉田 「でも、だんだん慣れてきて。今、Queentetやったら絶対そういう役をやらんなあかんやんか。」

小嶋 「そうですね。」

吉田 「ってなったときに、その場で感じたことを言おうってなってきた。」

小嶋 「あ~、すごい。」

吉田 「感じることって、ライブをやってたら変わってくるやんか。」

小嶋 「うんうん。変わりますね。」

吉田 「『これを言おう』って思ってたけど、このコメント通りのライブの雰囲気にならんかったりするやん。」

小嶋 「たしかに。」

吉田 「だから、そのときに感じた自分の素直な言葉が一番響くから。」

小嶋 「うんうん。」

吉田 「慣れてきたらでいいと思うけど。最初は絶対考えといたほうがいいと思うし。」

小嶋 「そうですね。周年ライブが待ってるんですよ、あと一ヵ月後に。」

吉田 「そうやなんな。じゃあ、一ヶ月前から考えよう(笑)」

小嶋 「え~、もう考えとこうかな(笑)」

吉田 「まあ、何が起こるか分からないもんね。」

小嶋 「そうなんですよね。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME