スポンサーリンク

NMB48吉田朱里 中学生時代の先生への反抗期エピソード「TEPPENラジオ」

スポンサーリンク


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2019年4月30日放送

出演メンバー

武井紗良(さららん)
吉田朱里(アカリン)

トークテーマ「反抗期」

吉田 「まあ、中学校のときは反抗したかったな、先生とかに。」

武井 「あ~。」

吉田 「『はあ?』『うるさい』とか(笑)」

武井 「化粧とかして行って、言われて、『してないし』みたいな(笑)」

吉田 「そうそう(笑)。放送部やったから、放送室に友達を呼んで、みんなでお弁当食べて、化粧直しして、みたいな。携帯触って、みたいな(笑)」

武井 「(笑)」

吉田 「してたけど。先生にバレて、放送室に友達呼んだらあかんくなった(笑)」

武井 「あらあら(笑)」

吉田 「今思えば、そんな反抗なんてする必要ないのにって思うけどな。」

武井 「“今だから”ですけど、そのときはそれが楽しかったんですよね。」

吉田 「うん、楽しかった。でも、生まれ変わってもそういう生き方をすると思う、わたしは。」

武井 「多分、そうですよね。わたしもです(笑)」

吉田 「(笑)」

トークテーマ「JK」

吉田 「JK、戻りたい。」

武井 「戻りたいですよね。」

吉田 「うんうん。戻りたい。」

武井 「楽しかった。制服着たいんですよね。」

吉田 「なんか、JKの頃から女子力動画みたいなのを始めときたかった。」

武井 「うんうん。」

吉田 「JKならではのをやりたかった。」

武井 「あ~。『学校帰りの○○』みたいな。」

吉田 「そうそう。みたいな感じでやりたかった。」

武井 「現役でできるって強いですもんね。」

吉田 「そう。やりたかったな~ってめっちゃ思う。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME