スポンサーリンク

NMB48吉田朱里 運営にクレーム!AKB48の握手会でやめたいと思っていることとは?「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2019年4月2日放送

出演メンバー

大段舞依(まいち)
吉田朱里(アカリン)

トークテーマ「クレーム」

吉田 「もう、これはメンバー全員の気持ちを代弁しましょう。」

大段 「はい。お願いします。」

吉田 「AKB48グループの大握手会の1ショット動画やめへん?(笑)」

大段 「やめたい(笑)」

吉田 「ほんまにやめへん?(笑)」

大段 「よく言ってくれました(笑)」

吉田 「わたし、これはもう、戦いに出たい。」

大段 「ありがとうございます。」

吉田 「(指定のセリフで)いいやつもあるんですよ、『大好きだよ』とか『○○さんと会いたかった』とか、アイドルらしくて可愛いなって思うんですよ。」

大段 「うんうん。」

吉田 「でも、最近、鼻水を拭いてあげるフリとか。」

大段 「そう(笑)」

吉田 「『花粉みたいにあなたと一緒にいられたらな』とか、意味分からんやつがあって(笑)」

大段 「(笑)」

吉田 「ファンの人が喜んで来てくれるんやったらやらんなあかんと思うし、それはアイドルとしてやるべきことやねんけど。」

大段 「うんうん。」

吉田 「わたしのファンの人は『もう選べないんだけど』みたいな。女の子が多いから。」

大段 「あ~。」

吉田 「『どうしたらいいの?』『こんなの選べないよ』みたいな感じ。『これでいいかな~?』みたいな感じの人がいるから。」

大段 「うんうん。」

吉田 「例えば宣伝とか、『女子力動画観てね~』とか、もともと拡散を希望するためのネタだと思うんですよ。『握手会行ってきたよ』って、後でSNSに載せるためのイベントだと思うんですよ。」

大段 「あ~、うんうん。『○○さん、今日も頑張ってね』とか『○○さん、おやすみなさい』とか、そっち系がいい。」

吉田 「そうそう。『○○ちゃん、今日も可愛いね』とか。」

大段 「みんなが共通して嬉しいやつがいいです。」

吉田 「そうそう。例えば『今日のわたしのメイクのポイントは』とかやったら、YouTuberもやってることやし、女の子も興味あると思うけど。」

大段 「うんうん。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
スポンサーリンク
アイリータイム IRIE TIME