スポンサーリンク

NMB48吉田朱里 今年は総選挙が開催されなくてよかった?『今のこの状況でやることがプラスには思えない』「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2019年3月26日放送

出演メンバー

内木志(ここちゃん)
吉田朱里(アカリン)

総選挙が開催されないことについて

吉田 「どう?気持ち的に。」

内木 「でも、今年は別に、出る予定無かったんで。」

吉田 「あっ、そうなんや。」

内木 「はい。」

吉田 「そっか、そっか。」

内木 「でも、負けず嫌いなんで、もしあったら、もしかしたら出てたかもしれないですね(笑)。ファンの方から言われて。」

吉田 「あ~、そっか、そっか。」

内木 「でも、去年54位ですごく嬉しかったので。」

吉田 「どうなんやろな、これは。」

内木 「どうなんですかね。朱里さん的にはどうですか?」

吉田 「う~ん、なんか、今年はNMBの若手の子がどんどん入るかなって思ってたし。」

内木 「そうですね。」

吉田 「5期生とかやっぱり熱いから。」

内木 「うんうん。」

吉田 「入ってくれるんじゃないかなって思ってた分、そういう、入る姿っていうのは見たかったなって思うし。」

内木 「うんうん。」

吉田 「ファンの人も多分そう思ってたから。NMBの若い子的にはあって欲しかったなって思う反面、今のこの状況でやることがプラスにはわたしは思えないし。」

内木 「うんうん。」

吉田 「寂しい気持ちはあるけど。わたしも選挙で結果を出した人だと思うから。選挙で知ってもらったことが多いと思うから、48グループ的にはね。」

内木 「うんうん。」

吉田 「だから、選挙って大事だなって思うし、やってよかったなって思うけど。まあ、今年はやらなくてもよかったのかなって思うかな、正直。」

内木 「そうですね。」

吉田 「あったらあったで、出てたかな?って思ったら、わたしも分からないな。ずっと出ようと思ってたんですけど、でも、難しいですよね、選挙って(笑)」

内木 「そうですよね(笑)」

吉田 「今年は実はめちゃくちゃ迷ってました。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME